新型アルファードの特別仕様か?モデルチェンジか?最新情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

10月25日から、新型アルファード一部改良された。今から購入する人は改良がされたモデルを注文になるが以前の車体価格より少しだけ金額が高くなっている。

何が変わったのかを、改良前と比較してながら解説する。

広告

特別仕様なのか?マイナーチェンジなのか?

写真撮影:M,M

安全装備 一部改良

CS が全グレード標準装備

・デジタルインナーミラー+BSM セットオプション化

こちらの2種類が全グレード標準装備になり、以前まで追加オプションで装備可能になっていた。8月ぐらいに新型アルファードを購入するので契約したオーナーは、この件もあり生産がストップしていたなどと言った記事を見かけたことがあるが実際はどうだったのだろうか。

一部改良の正式発表がされたのは、10月25日で大々的に発表はされていないので知らない人もいるかもしれない。10月の初めにトヨペットに見積書をお願いしに一度行ってきたが、クルマの説明の中で改良があるので見積書の値段は改良後で出してくれどのような装備なのかも詳しく教えてもらえた。

https://toyota.jp/alphard/

インテリジェントクリアランスソナー パーキングサポートブレーキ(静止物)

低速走行時、センサーが進行方向に静止物を検知するとブザーでドライバーに知らせてくれる。さらに、距離が縮まると自動ブレーキをかけるなど被害の軽減に貢献してくれる。

道路状況や天候状態によっては、作動しない場合や衝突の可能性が無くても作動することもある。

 

https://toyota.jp/alphard/

デジタルインナーミラー+BSM セットオプション化

車両後方カメラの映像をインナーミラー内のディスプレイに表示することができる。ハンドル近くにある切替レバーを操作すれば鏡面かデジタルにでき後方の安全確認もスムーズにおこなえる。

BSMの機能は、小型の二輪車よりも大きな車両が対象になっている。車線変更時の後方確認をアシストしてくれるシステムになり、隣接する車線の最大約60m後方まで可能だ。

車線変更や急接近してくるクルマに対しても検知してくれるが、こちらも道路状況や天候状態などによって反応しないこともある。

 

インテリジェントクリアランスソナー・デジタルインナーミラー+BSMが標準装備になり車体価格も3~5万円高くなると聞いている。

ナビゲーションとのセットオプションとしていたブラインドスポットモニターを、デジタルインナーミラーと組み合わせ、ウェルキャブにおいてもベース車と同様の改良が施されているのが今回10月25日に発表があった一部改良の内容になる。




新型アルファード 新型 モデルチェンジ過去のサイクルは?

https://prcm.jp

アルファード10系

2002年5月     初代アルファードが誕生
2005年4月     マイナーチェンジ
2007年6月     一部改良

アルファード20系

2008年5月   2代目アルファードが誕生
2011年9月   マイナーチェンジを発表

アルファード30系

2015年1月    3代目アルファードが誕生
2017年12月  マイナーチェンジ
2018年10月  一部改良(10ヶ月)

今年の10月に一部改良がおこなわれた新型アルファードだが、改めで整理してみたが初代のアルファードのマイナーチェンジは10系・20系・30系どれをみても大体2~3年ぐらいで変わり、今回の安全装備の一部追加はマイナーチェンジをしてから1年未満で行われている。

 

モデルチェンジ → マイナーチェンジ → 一部改良っと言った流れになるが、マイナーチェンジとは外眼の一部の箇所の変更・新色・新しいグレードの追加が多く、時には、エンジン・ミッションなどの部品が変更されたりすることもある。

以前までのクルマのデザインが不人気で予想していた販売台数を下回って売れないなどっといた条件が多い。

一部改良は、スタイルを変更せずに燃費の向上や安全整備が追加されることが多いので見た目だけでは分からない。

 




新型アルファード 新型 モデルチェンジでは何が変わる?

写真撮影:M,M

 

純正オプションナビでしかブラインドスポットモニターがなかった。今回の一部改良でデジタルインナーミラーに表示ができるので値段の高い純正のカーナビを購入せず社外品のカーナビでも可能になった。

一部から期待されていた“”アルファード 特別仕様車 TYPE GOLD””“”ヴェルファイア特別仕様車 GOLDEN EYES””の追加は無かった。

 

インテリジェントクリアランスソナーが標準装備化されたので、スタート価格は2万1600円値上げするが運転をアシストしてくれる安全装備が追加になっているのでこれからクルマを購入する人検討している人からすれば購入しやすくなったのではないか。

写真撮影:M,M

外装・内装のオプションパーツや安全装備各種がグレードやカーナビなどによって付けれたり付けれなかったり細かく分かれすぎている印象があったが初めからある程度装備されていれば、追加オプションは必要なのか考えやすくなっているはずだ。

 



スポンサーリンク

新型アルファード 新型 モデルチェンジでどうしてほしいのか【オーナーの声】

https://toyota.jp/alphard/

インテリジェントクリアランスソナー パーキングサポートブレーキ(静止物)

・自宅の駐車場などで、バックして停める時ギリギリまで下がろうとすると制御がかかってしまい途中で止まってしまう

・思ってた以上に、ブザー音がうるさく頻繁に反応する駐車場なら一時的にOFFにして切っている

 

デジタルインナーミラーのセット

デジタルインナーミラーとのセットは、ブラインドモニターだけになっているが同じセンサーを使っているRCTAはセットにならない。

必要であれば、メーカーオプションのT-Connect SDナビを購入しないといけない。

 

インテリジェントクリアランスソナーは、第一段階でエンジン出力の制御→第二段階でブレーキ制御がかかるので、もし思った以上に手前でブレーキ制御が効いてもブレーキを踏めばすぐに解除されるので慣れるまでが大変と言った口コミも多い。

今回の新型アルファードのデジタルインナーミラーとセットになったBSMだが、できれば同じセンサーを使っているRCTAも標準装備がされれば良かったと言った口コミや実際に乗っているオーナーからの意見がある。

 

写真撮影:M,M

新型アルファードに乗って実際に運転すれば分かるが、運転席から振り返って後方を見る時リアのガラスは大きく見やすくなっている。しかし、運転席からトランクまでの距離が長いのでバックする時は注意が必要になる。

バックカメラを付けていても自損事故の件数は多く、それならリヤクロストラフィックアラート(RCTA)を標準装備にすれば真後ろのクルマは検知することはできないが左右後方から接近してくるクルマは検知ができ後退時のドライバーのアシスタントに非常に役立つが、メーカーオプションのT-Connect SDナビを同時購入しないといけないデメリットもある。

 

新型アルファードにかなうミニバンは、いないと言われるぐらい敵なしのクルマだがそれであれば交通事故に役立つ安全装備をもっと標準装備で装備してもいいのではないかとも思ってしまう。

車体のスタート金額もどのグレードも高くそれでも人気のある新型アルファードだが、実際に乗っているオーナーの意見などをもっと参考にすれば今以上に凄いクルマになるのは間違いない。

 

新型アルファードの特別仕様か?モデルチェンジか?最新情報!まとめ

新型アルファードは、今回一部改良され安全装備が2種類標準装備になった。車体がデカいので走行中や後ろに下がる時などは死角が多く、気を付けないといけないことが多い。

標準装備になった安全装備だが、もしかしたら指摘する意見が多かったのかもしれない。新車でクルマを購入する時オプションパーツは細かく分かれているので、何がどうのようなシステムなのかをしっかり確認して決めれば、運転のしやすい理想のクルマに近づけるかもしれない。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型アルファードがほしい!

新型アルファードは、設備の充実しているところが

魅力としてよく挙げられています。

 

そんな中で、安全に関する装備である、

セーフティセンスの働きは抜群であると

オーナーたちから評価されています。

セーフティセンスの効果、そして装備される目的は、

事故発生に関するリスクを低減させることにあります。

 

追突事故、正面衝突事故、歩行者を巻き込んでの事故など、

様々なケースが想定されますが、

セーフティセンスでは様々なケースの可能性を下げることが

期待できる最新の安全装置もアルファードのお特徴です。

アルファード

私の前車は、輸入車でしたが10年落ちで、

5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、

それと比べたら感動モノに高性能なのがアルファードです。

 

新型アルファードの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に予算もあって手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

【無料・お気軽に!】なので

使わない手はないです。

ディーラーでは39万円の下取りが、
買取業者では89万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

まずは、あなたの乗ってる愛車の価格を、この機会に確認すること
新車の予定がない、愛車を売る予定がなくても大丈夫です。

【無料】で愛車の価値を教えてくれる便利なサービスです。

中古車一括査定の安心車.jp