新型アルファード30系 後期のホイールやタイヤサイズは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

新型アルファードに装備されるタイヤやホイールに関しては、どんな設定なのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

特にタイヤとホイールのそれぞれのサイズは、購入時に参考としておきたいものですよね。

この記事では、新型アルファードの足回り、タイヤとホイールについて詳しく見ていきたいと思います。




新型アルファード30系 後期のホイールサイズは?

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

新型アルファードのホイールサイズは、どの程度になるのかは知っておきた部分ですね。

具体的にホイールサイズをチェックしていきたいと思います。

①新型アルファードのホイールは16~18インチ

新型アルファードのホイールサイズは、全て同一ではありません。

グレードによって少し違いがあり、16から18インチの間のサイズとなっているようです。

 

(ハ)はハイブリッド車

16インチ … X(ハ)、X

17インチ … Executive Lounge(ハ)、G Fパッケージ(ハ)、G(ハ)、Executive Lounge S(ハ)、SR Cパッケージ(ハ)、SR(ハ)、S(ハ)、Executive Lounge、GF、G、Executive Lounge S

18インチ … SC、S Cパッケージ、S Aパッケージ、S

 

グレードによって、若干ホイールサイズに違いのある部分は、新型アルファードの後期型のポイントとして知っておくと良いかもしれませんね。

自分が購入するグレードのホイールの大きさが、どの程度になるかを把握するきっかけにもなるのではないでしょうか。

 

②中心となるホイールサイズは17インチ

何種類かのホイールサイズが新型アルファードでは用意されていますが、最も多いのは17インチとなりそうです。

16インチ、そして18インチはある程度グレードが限定されており、購入時には17インチを軸にして考えると無難ですね。

どういった形式でホイールサイズが分かれているのか、考える人もいるかもしれません。

16インチについては、標準仕様のリーズナブルなグレードが主体となります。

18インチは主にエアロ仕様に集中しているという特徴があるところも、チェックしておくと良いかもしれませんね。

 




新型アルファード30系 ホイールのオフセットは?

ホイールのサイズを見るうえでは、オフセットの数値がどうなのかもチェックしておきたいところです。

オフセットとは、ホイールのリム部分の中心から、ホイールを取り付ける際の面までの幅を示します。

この数値がプラスなら、ホイールの中心から取り付ける部分が外側に位置していることを指し、マイナスなら中心から内側に位置します。

 

新型アルファードに関しては、

16、17インチのホイール … プラス33mm

18インチ … プラス45mm

となっています。

 

全てのグレードで、33~45mmの幅で取り付け面が外側に位置しているという認識で問題ないようですね。

この数値は、プラスの幅が大きくなると、その分だけホイールは内側に引っ込むという関係性があります。

つまり、18インチのホイールの方が、それ以外のインチに比べて数値は大きくなるので、その分ホイールは中に引っ込んだ状態になるという考え方です。

ホイールを交換する際や、新型アルファードのボディに合わせてホイールを調整する際には、このオフセットの数値はキーになるでしょう。




新型アルファード30系 後期のタイヤサイズは?

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

新型アルファードのタイヤのサイズは、ホイールサイズと同じという仕組みが成り立っています。

そのため、この新型アルファードは、16~18インチの間で、タイヤのサイズが設定されているということが分かるかと思います。

細かいインチ、サイズの違いはグレードごとにありますが、17インチが中心のタイヤサイズになるところは、抑えておくと良いかもしれませんね。

ホイールの大きさと、タイヤのサイズが食い違うという心配がないので、新型アルファードで足回りの状態を確認する際も簡単に済むのではないでしょうか。

 



スポンサーリンク

新型アルファード30系 後期のタイヤサイズアップ

新型アルファードは、16~18インチがタイヤのサイズとして用意されています。

このサイズでも見栄えとして特に弱く見えることはありませんが、やはりサイズアップを実現させたいという人も多いかと思います。

新型アルファードの30系には、19インチ以上のタイヤ、ホイールがセットで用意される動きも、最近はやや活発なものとなっています。

 

引用:https://item.rakuten.co.jp/complete-ltd/conquista-set5-27/

引用:https://item.rakuten.co.jp/ou-en/elaa0079-nt16d011/

19インチ、更に上の20インチのサイズでタイヤが用意されているので、足周りを力強いイメージにしたいと考える人にはオススメです。

新型アルファードの足元にマッチするように設計されたタイヤが中心となっているので、問題なくタイヤのサイズアップを図ることができるのではないでしょうか。

タイヤとホイールの一体型としてセット販売の行われることも多いので、初めて新型アルファードでタイヤのサイズを変える人も安心ですね。

 

新型アルファード30系 後期のタイヤサイズ交換の仕方

新型アルファードで、タイヤのサイズアップを目指して交換する際には、どういった方法になるのか、知りたいところですね。

適切にタイヤのサイズアップをするための交換方法に関して、詳しく見ていきましょう。

 

①基本的にホイールとタイヤのインチは共通させる

タイヤのインチアップをする時には、装備するホイールに関してもチェックする部分があります。

それは、インチ数に関してです。

例として、新型アルファードで17インチのタイヤを19インチに交換したいとします。

その場合は、ホイールも同様に19インチ仕様のものを用意して、取り付ける必要があるのです。

タイヤとホイールでインチ数を揃えることで、初めて取り付けがしっかり進められる状況が作られるので、見逃してはいけないところになりますね。

 

②タイヤの外径は極力変えないのがベスト

インチアップ、サイズ変更について

タイヤをサイズアップすると、それに伴い外径も大きくなることが自然です。

しかし、同じインチ数でも、外径の違いで選択肢はいくつも用意されているので、当初装着されていたタイヤと外径が極力変わらないものを選ぶことが望ましいです。

外径が変わると、車体との調和が取れなくなる可能性があり、安全に運転できないという支障が発生することが想定されています。

 

そのため、外径自体は基本的に変更せず、インチ数のみ上げるというのがベストと言えそうです。

こういった見方でタイヤの取り替えを行うと、タイヤはインチ数に対して薄くなるという認識が一般的になります。

この変化が明確に分かるのは、偏平率という数値です。

 

タイヤの厚みをパーセンテージで示したものであり、サイズを上げて厚みを変えないと、偏平率は減少します。

この率については、タイヤに記載されていることが多いので、事前に確認してみると良いかもしれません。

 

③タイヤショップで実際に見てみると安心

いざタイヤを交換しようと思っても、インチ数や偏平率など、いくつかの数値をチェックすることはどうしても必要になってきそうです。

特に新型アルファードで初めてタイヤ交換やサイズアップを考える人にとっては、不安な部分もあるかもしれません。

現在では、タイヤを専門に販売するショップで、非常に多くの種類のタイヤが取り扱われています。

 

現状のタイヤのサイズから大型化させたいことをスタッフと情報共有し、最適なタイヤを選んでもらえることも期待できます。

タイヤショップで最適なタイヤを選べると、安全に新型アルファードで走り続けることができるメリットも強くなるでしょう。

偏平率の違いや、オフセットが交換するタイヤではどのように異なるかも、説明をもらうことができるかもしれません。

様々な面で安心してタイヤを大型のものに交換できそうなので、専門のタイヤショップを頼っての交換がオススメされるでしょう。

 

新型アルファード30系 後期のホイールやタイヤサイズは? まとめ

新型アルファードのホイールやタイヤのサイズについては、チェックすると良い部分がいくつかあることが分かりました。

実際にタイヤ、ホイールのサイズを知っておくと、サイズアップを図る際にも適切なものを選ぶことに繋がります。

原則として、タイヤとホイールはサイズを共通させることが必須であり、新型アルファードでも同じ特色がありました。

 

タイヤの幅やオフセットなど、少し細かい数値や要素を的確に把握しておけば、タイヤを交換してからも新型アルファードで快適に走行できるのではないでしょうか。

また、走行中にトラブルの発生するリスクも作ることが無いので、マッチするタイヤへの交換が求められると言えそうですね。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型アルファードがほしい!

新型アルファードは、設備の充実しているところが

魅力としてよく挙げられています。

 

そんな中で、安全に関する装備である、

セーフティセンスの働きは抜群であると

オーナーたちから評価されています。

セーフティセンスの効果、そして装備される目的は、

事故発生に関するリスクを低減させることにあります。

 

追突事故、正面衝突事故、歩行者を巻き込んでの事故など、

様々なケースが想定されますが、

セーフティセンスでは様々なケースの可能性を下げることが

期待できる最新の安全装置もアルファードのお特徴です。

アルファード

私の前車は、輸入車でしたが10年落ちで、

5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、

それと比べたら感動モノに高性能なのがアルファードです。

 

新型アルファードの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に予算もあって手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

【無料・お気軽に!】なので

使わない手はないです。

ディーラーでは39万円の下取りが、
買取業者では89万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

まずは、あなたの乗ってる愛車の価格を、この機会に確認すること
新車の予定がない、愛車を売る予定がなくても大丈夫です。

【無料】で愛車の価値を教えてくれる便利なサービスです。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は