新型アルファードの見積もり、値引きや納期や納車はいつごろ?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

新車を購入するには、必ず納期が発生する。

早まってくれれば誰でも嬉しいが、大体購入時に営業から言われる納期通りになることが殆どだが、購入するにあたって値引き相場の把握はしといた方が有利になる。

購入する時に、知っといた情報をまとめて分かりやすく解説する。




新型アルファードの見積もり、値引き

新型アルファードは、マイナーチェンジしてから10ヶ月経過した。

1 トヨペット店

2 トヨタカローラ店

3 トヨタ(カローラからもってくる)

4 その他 

1番値引きが期待できる販売店は、やはりトヨペット店になり車体価格+オプション合わせて30~35万円が多い。

トヨタカローラ店では、実際に新型アルファードの取材に行っていないので値引き金額は、ハッキリしないがトヨタは見積もりをもらいに話を1度聞いている。

 

トヨタの営業の方曰く「アルファードとヴェルファイアは車体価格が殆ど一緒になるので、ヴェルファイアの見積もりを出しても大体一緒だと思います。マイナーチェンジ後の新型アルファードでしたらトヨペット店に比べたら値引き金額は少ないですが、25万円は可能だと思います。」

なので、値引きを最大に引き出すには、トヨペット店での30万円~35万円を目指して動けばいいが住んでいる地域によって値引き額が変わるのはあまり嬉しいことではない。

今までの20系・30系前期の過去の値引きをインターネットで調べてみたが、クルマが発売されて直ぐに購入すれば15万円+何らかのサービスが付いてくる。

そこから数ヶ月経過すれば良くて25万円~35万円に変わったりするが、オプションが増えて思っていたよりかなり価格が増えてしまう新型アルファードの値引き金額もう少しあればもっと購入するユーザーが増えるかもしれない。(実際に見積もりをもらい断念する人も多い)

県によっては、35万円以上の値引きが行われる県があるので、住んでいる地域の値引きを参考にしないといけない。

 

 

https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

 

中古車・新車を取り扱っているディーラー以外での購入では、カーナビ・バックカメラ・ETCが装備されているのでオプション品を追加しなくても表示されている価格と手数料や税金くらいで済み納車も新車に比べて凄く早いのでメリットも沢山ある。

早く納車されるのは、とてもメリットがあるが装備されているカーナビ類は純正品ではなく社外品が採用されていることが多いのでT-CONNECT希望であればディーラーでの購入がいい。

クルマの使い方によって、購入するお店も選べ更に納期なども考えながら以前のクルマの買取りにも支障をきたさない方法もある。

 




新型アルファードの納期はいつごろだろうか?

https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

 

トヨタ公式ホームページで、確認できる。

こちらの納期は、販売店でも確認を取っているが記載されている通りだと思って大丈夫だ。

しかし、リコールが発生し内容によっては生産ラインが一時的に止まってしまうこともある。

リコールが最優先になるケースもあるのでリコールが発生している時などは納期が通常よりも少し遅くなってしまい気にしているユーザーも多くなってきている。

 

インターネットの検索ワードで「リコールで新車の納期が遅れる」などの検索も多いが、新車成約をしている人にはデメリットでしかなく、以前あったCH-Rの電動パーキングブレーキの不具合によりブレーキが利かなくなる可能性があるといった内容があったが危険すぎる。

 

近年公表されているリコールの内容が、走行不能になる可能性・ブレーキがかからないといった凄い内容になる。

せっかく待っていたクルマなのに、中々納車されず怒りを感じる人の声も増えて来ているが遅れるには色々訳があるのを理解しといた方がいいかもしれない。

 




新型アルファードの納車を早める裏技はあるの?

https://toyota.jp/alphard/

新型アルファードの納車を早める裏技はあるのか、考えてみたが正規ディーラでの新車購入は納期が必ず発生する。

しかし、たまに何台かは不明だがストックがある時はある。

 

https://toyota.jp/harrier/

トヨペット店では、新型アルファード以外にも人気な車種があるが、その中でもハリアーは昔から人気がありストックが準備されていた時期があったので通常発生する納期が無く1ヶ月程で納車されたことも実際にある。

11月の下旬で、トヨペット店に新型アルファードのストックを確認してみたが現段階では無いそうだ。

 

2025年に、トヨタグループは全て統合化され車種もライバル車が準備されていたがそれが無くなる可能性があると話題になっている。

アルファードのライバルはヴェルファイアになるので、アルファードとヴェルファイアが合わさるか、どちらか無くなるかどちらとも有りコンパクトミニバンのVOXYなどが無くなるかは分からないが、今より納期が長引いてしまう可能性は高まるだろう。

 



スポンサーリンク

新型アルファードの納車が待てない!出来ることは

https://toyota.jp/alphard/

納車が待てないのは、いくつかの理由が考えられる

・今乗っているクルマの買取り価格の有効期限が、1ヶ月半しかない

・今乗っているクルマが壊れかけて、走行するのを控えないといけない

・早く新しいクルマに乗りたい

やっと自分が乗りたかったクルマが購入できた人であれば納車が待ち遠しく、早く乗りたいと思うだろう。

納車までに乗っているクルマを、インターネットで査定してもらっていればクルマについた金額には期限が一緒についてくるので、こちらも焦ってしまう。

 

どうしたら、効率よく納車できるのか?

一番早く自分の手元にクルマを持ってくるには、ディーラー以外で購入するのが早い。

トヨタグループで、マイナーチェンジ後の新型アルファードを成約したら、契約が決まってからクルマを作り出すので長くても2ヶ月くらいかかってしまうのが、個人店や中古車・新車を取り扱いして在庫があるお店なら最短で2週間くらいで納車される。

 

ディーラーでクルマを購入するメリットは、沢山の保証がつくが(有料の保証も多いが)自分でクルマの管理をしている人であれば、あまり気にしなくてもいいがカーナビなど取付け実績があるお店がおススメだ。

 

新型アルファードの納期はグレードで違うのか?

https://toyota.jp/alphard/

ガソリンとハイブリッドなら、納期が少し長いのがハイブリッドだ。

8割がガソリンを購入し、残りの2割がハイブリッドを選ぶ

 

中古車を検索すれば答えは、すぐに分かるがアルファードの中古車はガソリン車が非常に多い。

ハイブリッドが売りに出されていても、元の価格が高いので思った以上に値段が下がっていないことが多い。

マイナーチェンジした新型アルファードのガソリン車は人気がとてもあり、ハイブリッド車より生産ラインが多いのかもしれない。

 

ガソリン・ハイブリッドでもグレードが何種類も用意されており細かく分かれている

https://toyota.jp/alphard/

室内空間の装備が異なる、Executive Loungeは納期がとてもかかる。

他のグレードなら、どれも納期は同じなので後はオプションなどをどれだけ装備するかが肝心かもしれない。

新型アルファードの見積もり、値引きや納期や納車はいつごろ?まとめ

11月22日の新型アルファードのガソリン車の納期は2-3ヶ月になっている。

これからの季節は、本格的に雪が降るのでスタッドレスタイヤが必要とする地域ではかえって出費が増えてしまう。

出費が増えてしまう冬場をさけて購入したりするユーザーも多いので、販売店もとても暇になり納期も早まる可能性があり、商談にも時間をかけれるのでメリットが沢山ある。

春・夏になると今以上に納期が発生することが高いかもしれないが販売店に、随時確認していれば納期の心配はしなくても済むかもしれない。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型アルファードがほしい!

新型アルファードは、設備の充実しているところが

魅力としてよく挙げられています。

 

そんな中で、安全に関する装備である、

セーフティセンスの働きは抜群であると

オーナーたちから評価されています。

セーフティセンスの効果、そして装備される目的は、

事故発生に関するリスクを低減させることにあります。

 

追突事故、正面衝突事故、歩行者を巻き込んでの事故など、

様々なケースが想定されますが、

セーフティセンスでは様々なケースの可能性を下げることが

期待できる最新の安全装置もアルファードのお特徴です。

アルファード

私の前車は、輸入車でしたが10年落ちで、

5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、

それと比べたら感動モノに高性能なのがアルファードです。

 

新型アルファードの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に予算もあって手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

【無料・お気軽に!】なので

使わない手はないです。

ディーラーでは39万円の下取りが、
買取業者では89万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

まずは、あなたの乗ってる愛車の価格を、この機会に確認すること
新車の予定がない、愛車を売る予定がなくても大丈夫です。

【無料】で愛車の価値を教えてくれる便利なサービスです。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は