新型アルファードのカタログ燃費と実際の燃費は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型アルファードのカタログ燃費、そして実際に計測される燃費は、どの位になるのか気になる部分ですよね。

燃費の水準が少しでも明確に分かってくれば、購入するときにも参考にすることができるかもしれません。

この記事では、新型アルファードの燃費について、カタログで掲載のものや実際のレビューなどを参考にチェックしていきたいと思います。




新型アルファードのガソリンのカタログ燃費は?




引用:https://toyota.jp/alphard/

新型アルファードのガソリン仕様は、カタログではどの程度の燃費になっているのでしょうか。

詳しくチェックしながら、実態を確認していきましょう。

①全体的には10~13km/Lの燃費

標準、エアロ共に、ガソリン仕様のグレードは10~13km/L程度の燃費であるとされています。

【各グレードごとの燃費(km/L)】

・(標準)Executive Lounge … 10.4~10.6

・(標準)GF … 10.4~10.8

・(標準)G … 11.6~12.8

・(標準)X … 11.6~12.8

・(エアロ)Executive Lounge S … 10.4~10.6

・(エアロ)SC … 10.4~10.8

・(エアロ)S“C パッケージ”  … 11.4~12.4

・(エアロ)S“A パッケージ”  … 11.6~12.8

・(エアロ)S … 11.6~12.8

各仕様で上級にあたるエグゼクティブラウンジは、10km/L台となっており、カタログ燃費の中では一番数値としては下にあたります。

一般的な大型のSUV車では、カタログ燃費で燃費が1ケタ台になってしまうこともよくあります。

新型アルファードに関しては、一番燃費で数値が下の場合でも、2ケタに乗せてきており、この数値上では極端に悪いというイメージがないように思います。

②グレードによって極端な燃費の開きはなさそう

それぞれのグレードで燃費をチェックしていくと、極端にグレードによる差があるわけではないようでした。

10~13km/L程度の燃費水準であることをカタログベースで把握しておけば、購入する際にも特に迷うこともないのではないでしょうか。

また、標準とエアロの各仕様で、似通ったグレードは同じ燃費の水準になるところも特徴となっています。

標準仕様のG、XのグレードとエアロのS Aパッケージ、Sのグレードで水準が同じことが具体的な例として挙げられますね。

こういったグレードごとに似通った燃費になることも、カタログベースでは特筆するべきところになるかと思います。




新型アルファードのガソリンの実際の燃費は?口コミでチェック!

新型アルファードのガソリン仕様で実際に計測される燃費は、どの程度の水準になるのか、知っておきたいところですね。

オーナーからのレビューを見てみると、8km/L台であるというものが目立っているようです。

グレードによって、カタログ燃費ではちょっとずつ違いがありますが、実際の燃費についてはカタログ値よりも開きが更に小さくなっていました。

走行する条件や走り方などによって多少の変動があり、オーナーによっては6~7km/L程度の燃費だったという意見や、10km/Lは維持できているよという口コミもちらほら見掛けられます。

ざっくりと新型アルファードのガソリン車で平均燃費を出すとすれば、およそ8km/L程度と考えておくと良いのかもしれません。




新型アルファードのガソリンの実際の燃費は?高速と街乗りの違いは?

実際に計測される燃費は、高速道路、市街地などシチュエーションによって変動するものなのか、見ておきたいところですね。

それぞれの走行状況で実際に出る燃費について、詳しく見ていきたいと思います。

①高速道路を走行する際に計測される燃費は?

新型アルファードのガソリン仕様で、高速道路を走るケースはよくあるのではないでしょうか。

高速道路を走行したときに計測される実燃費の平均としては、10~11km/L台のようです。

速度がほとんど一定であること、そして停止や発進を繰り返さないことが高速道路の走り方になるため、実燃費は平均的な数値よりも高くなります。

温度が極端に高くも低くもなく、走行条件が安定していれば、10km以上の数値を期待することは間違いなくできると思います。

走り方次第では、12km/Lに迫る燃費を期待できるかもしれません。

グレードによっては、カタログ燃費が10km/L台となっているので、カタログ以上のパフォーマンスを見込める可能性も、全くないわけではないと言えそうですね。

②街乗りの際の実燃費はどうなの?

引用:https://www.pakutaso.com/20171202356post-14624.html

では、街乗りの時の実燃費は、どの位の数値になりそうでしょうか。

新型アルファードのガソリンタイプでは、約7km/L程度が想定されるのではないかと考えられています。

実際に寄せられるレビューでは、7~8km/Lになるケースが最も多く、やはり高速道路を走行する場合に比べて下がってしまうという結果になりました。

走行のしかた次第では、6km/L台の数値が出ることもあり、逆に優しい発進や加速を心掛けると9km/L以上の数値が出ることも考えられます。

高速を走る場合と同じですが、走り方を良くしようと心掛けると数値は改善する見込みがあるようですね。

どうしても街乗りの場合には、先行車の流れに合わせて加速や停止を繰り返すので、燃費は高くなりにくいとされます。

その点は他の車種とも共通している部分になるので、新型アルファードも同様だと把握しておくと良いのではないでしょうか。




新型アルファードのガソリンの実燃費は?エアロと標準の違いは?

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/?padid=ag341_from_alphard_navi_grade

新型アルファードは、標準ボディとエアロボディの2つに分けられます。

ボディの仕様は分類があるものの、実燃費に関しては目立った違いはないようです。

実際に新型アルファードに乗るオーナーからの口コミは多数寄せられているものの、ボディの違いによって実燃費に差が出ているという傾向はほとんどなようです。

根本的なスペック自体は違いが見受けられていないので、走った時に出る燃費にも、差が出ないことに繋がっていますよね。

新型アルファードを購入する際に、燃費の違いが標準とエアロで出ると思っている人は、この点を抑えておくと良いかもしれません。

購入時には、特にこういった部分を気にする必要もないかと思います。

新型アルファードの燃費が悪すぎる・口コミ

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

新型アルファードに対しての口コミでは、一部で燃費が悪すぎるよという内容も見受けられます。

どんな口コミが実際に出ているのか、少し詳しく見ていきましょう。

①市街地で乗る時は燃費が伸びないという意見が

普段使いでメインとなる市街地走行では、燃費が伸びず悪くなりがちだという意見が、新型アルファードには時折寄せられています。

走行環境によっては、街乗りで想定される実燃費の水準である、7~8km/Lを大きく下回ってしまうこともあるようです。

5km/L程度の燃費にしかならず、燃料についての費用対効果が下がってしまうのが良くないと実感している人も、新型アルファードのオーナーの中には一部でいるようでした。

しかし、全ての新型アルファードのオーナーが、燃費が悪すぎると実感しているわけではありません。

いくつもの条件が重なり、その結果として燃費が悪くなる可能性があるという前提で、口コミを見てみる必要があるかもしれませんね。

②乗る時によって燃費が変動するという意見も

乗る時によって実燃費が変動する傾向が強いという意見も、新型アルファードに対して寄せられています。

日によっては8km/L以上の燃費が維持されてることもあるものの、一方で大きく燃費が下がってしまう日もあるという実例はよくあるようですね。

走行時の天候や気温などに左右される可能性は十分に考えられるので、燃費が悪くなりがちな日も出ると思っておくと良いでしょう。

燃費が下がらぬように意識して走っても、外の環境次第では思ったほど燃費が伸びないこともあります。

その部分も燃費が悪いという口コミの一部に入っていたので、チェックしてみると良いですね。

新型アルファードの燃費の向上は?・方法

引用:https://toyota.jp/alphard/performance/?padid=ag341_from_alphard_navi_perf

新型アルファードの燃費を高めるための方法も、あれば知っておきたいですね。

ちょっとした走行時の工夫次第では、燃費を高めることはできそうです。

一番燃費を高められる見込みがあるのは、停車時間の抑制です。

アイドリングストップを徹底することで、燃費の数値を上げられる可能性は少しずつ出てくるようなので、実践する価値がありそうです。

また、普段使いの時などは、なるべく荷物の量を減らすというのも、燃費向上には貢献するものと考えられています。

レジャーなどで多くの荷物を積む必要がある時以外は、極力余分な荷物を新型アルファードの車内に置かないことも、燃費アップにはオススメです。

新型アルファードのカタログ燃費と実際の燃費は?

新型アルファードの、カタログ燃費と実燃費について、ガソリン車を中心にみてきました。

カタログと実際に計測される数値は、新型アルファードは極端に開きがあるわけではなく、その点は安心できる材料になりそうです。

実燃費は口コミでチェックしていくと、10km/Lに少し届かない位と想定しておくと良いのかなという結果でした。

走行シーンによっては、燃費の上下は自然と発生してくるので、その部分は新型アルファード購入時に参考にすることがオススメです。

また、運転者の走り方次第で、非常に細かく燃費は変動することが普通です。

なので、いつも燃費が下がらぬように意識した走りを心掛けるのも重要になるかと思います。

車の情報追跡者:佐藤ヒロシ

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型アルファードがほしい!

新型アルファードは、設備の充実しているところが

魅力としてよく挙げられています。

 

そんな中で、安全に関する装備である、

セーフティセンスの働きは抜群であると

オーナーたちから評価されています。

セーフティセンスの効果、そして装備される目的は、

事故発生に関するリスクを低減させることにあります。

 

追突事故、正面衝突事故、歩行者を巻き込んでの事故など、

様々なケースが想定されますが、

セーフティセンスでは様々なケースの可能性を下げることが

期待できる最新の安全装置もアルファードのお特徴です。

アルファード

私の前車は、輸入車でしたが10年落ちで、

5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、

それと比べたら感動モノに高性能なのがアルファードです。

 

新型アルファードの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に予算もあって手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




>アルファード

アルファード

CTR IMG