新型アルファード 新型 モデルチェンジはいつ頃?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型アルファードは、次期型に移行するタイミングがいつ頃になるのか、気になり出す人も多いのではないでしょうか。

現行型の新型アルファードの次期型がどうなりそうなのか、また、タイミング的にどの時期でモデルチェンジが図られるのかは、予測しておきたいところですね。

この記事では、新型アルファードの次期型へのモデルチェンジについてのトピックをまとめていきたいと思います。




新型アルファード 新型 モデルチェンジ過去のサイクルは?




新型アルファードは、これまでどの位のサイクルでモデルチェンジが行われてきたのでしょうか。

少し詳しくチェックしていきたいと思います。

①レジアス・グランビアの後継として登場(初代/2002年5月)

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%89#/media/File:Toyota_Alphard_(first_generation)_(front,_white),_Serdang.jpg

新型アルファードの初代モデルは、2002年5月の登場です。

レジアス、グランビアの後継車種として設定され、当初はGとVの型に分けられていました。

2003年にハイブリッドのモデルが追加され、3つのタイプで新型アルファードの初代モデルが展開されていきます。

2代目のモデルに移行したのは2008年の5月のことであり、初代モデルはちょうど丸6年というサイクルで販売されていたようです。

 

②兄弟車ヴェルファイアの誕生が話題の2代目(2008年5月)

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%89#/media/File:2008_Toyota_H20_Alphard_01.JPG

2代目の新型アルファードは、ヴェルファイアという車種も兄弟車として確立されました。

新型アルファードはそれまでと同じく上質なイメージ、ヴェルファイアはやや尖った格好良さをイメージし、差別化が展開されます。

2代目の新型アルファードでは、若干ですが全幅と全高がワイド化され、より大型でゆったりとした車内空間が魅力となります。

 

上級グレードでは、内装の差別化の一環でエグゼクティブパワーシートと呼ばれる上質なキャプテンシートが取り入れられ、ラグジュアリーさにも磨きが掛かっています。

3代目の現行型に移るまでは、約6年半と、初代から2代目に移るサイクルよりも若干長くなりました。

この2代目の新型アルファードも、初代と同じように熱烈な支持を獲得していたため、小規模な改良を加えながらも6年の販売が実現されたようです。

 

③上質さにより磨きがかかった3代目(現行型/2015年1月)

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/?padid=ag341_from_alphard_navi_grade

2代目から6年8か月ぶりに新型アルファードがモデルチェンジしたのは、2015年の始めです。

デザインがこれまでのものよりもコンセプトが大きく変わり、本格派のミニバンとしてのイメージが強くなりました。

この3代目の新型アルファードは、ヴェルファイア(兄弟車)と同じタイミングでモデルチェンジを受け、現在ではミニバンの中でトップクラスの人気を誇っています。

 

今も3代目の現行モデルが販売されていますが、一度2017年12月にマイナーチェンジを受けています。

現行型に移行してからちょうど3年が経過しようかというタイミングで、内外装の意匠を変えることや、装備の見直しなどが進められています。

新型の発売開始からまもなく4年、大掛かりなマイナーチェンジからはちょうど1年という時期に差し掛かっています。

 




新型アルファード 新型 モデルチェンジ最近のトヨタ車のサイクル

新型アルファード以外の、トヨタ車のモデルサイクルについても、気になるかと思います。

比較の参考とするために、何車種かのサイクルを見ていきます。

①以前よりもサイクルがやや長めとなったクラウン

引用:https://toyota.jp/crown/?adid=ag336_lis_yahoo_ypsd.crown_single.txt_crown_5_mov_10.pc.10.crown_syasyu.180905.01jt.492_278.&padid=ag336_lis_yahoo_ypsd.crown_single.txt_crown_5_mov_10.pc.10.crown_syasyu.180905.01jt.492_278.&utm_campaign=01jt_ag336&utm_medium=paidsearch&utm_source=yahoo_ypsd&utm_term=crown_single_pc&utm_content=txt_crown_5_mov_10_crown_syasyu&dclid=CjkKEQiA28nfBRCgg9SUiJOWmPoBEiQA3xGfnwRTHYhhfXX_mIdkDVmmHMEuD8nHYyvofzScS_TdkQbw_wcB

トヨタの代表車種であるクラウンは、現行型が2018年6月に発売されました。

今販売されているのは15代目にあたる、非常に歴史の長いモデルですが、先代の14代目は2012年末の発売でした。

現行型に移行するまでは、およそ5年半にわたり売られていたことになります。

 

過去数代のモデルチェンジの変遷を見てみると、

12代目(3世代前)…2003年12月~2008年2月(約4年2か月)

13代目(2世代前)…2008年2月~2012年12月(約4年10か月)

14代目(前モデル)…2012年12月~2018年6月(約5年半)

15代目(現行型)…2018年6月~

となっており、約4~5年のモデルサイクルであることが分かります。

 

基本的にクラウンシリーズは、4年を目安にモデルチェンジが施されてきています。

先代から現行型に移行するまでのサイクルは、それまでの傾向に比べて若干長くなっており、6年近く売られていたことになります。

 

②約5~6年のサイクルが維持されるプリウス

引用:https://toyota.jp/prius/style/top/

ハイブリッドカーとして国民的になったプリウスは、初代から5~6年のスパンでモデルチェンジが進められています。

初代(3世代前)…1997年12月~2003年9月(約5年9か月)

2代目(2世代前)…2003年9月~2009年5月(約5年8か月)

3代目(前モデル)…2009年5月~2015年12月(約6年7か月)

4代目(現行型)…2015年12月~

モデルチェンジされた年だけで見れば、6年間隔で変わっていませんが、月が若干ばらついているためサイクルも開きがあります。

 

サイクルとしては現在販売される車の平均的なサイクルと同じか、少し長めと言えますね。

小改良やマイナーチェンジなども随時展開されているので、サイクルがゆったりとられているのかもしれません。

 

③新型アルファードは他の車種と比べるとどうなのか?

クラウンやプリウスとモデルサイクルを比べた時に、新型アルファードはどうなのでしょうか。

新型アルファード … 約6年~6年半

クラウン … 約4~5年

プリウス … 約6年

車種ごとに見ると、クラウンに比べてややサイクルが長く、プリウスと同じ水準にあると言えそうです。

 

頻繁にモデルチェンジを行わない代わりに、仕様の改良やマイナーチェンジでモデルの充実を図る施策が、新型アルファードでは取られているのではないかと思います。

こういったモデルサイクルに関しては、現行モデルでも踏襲される可能性は高いと考えられます。

 

新型アルファード 新型 モデルチェンジでは何が変わる?

引用:https://toyota.jp/alphard/safety/tss/?padid=ag341_from_alphard_safety_topnavi_tss

新型アルファードが次期型に移行する時には、どういった部分が変わると考えられているのでしょうか。

一番大きく変わりそうなのは、安全面についての装備と見込まれています。

トヨタセーフティセンスが新型アルファードの現行型には搭載されていますが、この機能がより充実すると予想されています。

 

随時アップデートが施され、事故の発生リスクの軽減や、快適な運転をサポートする仕組みが盛り込まれています。

次期型に移行するのが、これまでと同じサイクルだと2021年中とみられますが、その時には数段上の安全機能が取り入れられていることが期待できます。

 

外観については、これまでの意匠を大きく変えず、キープコンセプトになる可能性が現状では高いようです。

メッキ調のフロントグリルが新型アルファードのオーナーから人気を得ているからです。

内装も上質さを軸にしたコンセプトが維持される可能性は高く、現状をベースにしたアレンジで、大規模にはならないのではないでしょうか。

 




新型アルファード 新型 モデルチェンジでどうしてほしいのか【オーナーの声】

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/?padid=ag341_from_alphard_navi_interior

新型アルファードのモデルチェンジを機に、どういったところが変わってほしいのかも気になる部分ですね。

オーナーから寄せられている意見としては、インテリア面ではシートの硬さについてがよく挙げられています。

上質で丁度良い硬さのシートが多くのグレードで取り入れられていますが、一部のオーナーからは少し硬めだと実感される意見が出ています。

 

モデルチェンジを契機に、シートの質感をより作り込んで柔らかさを売りにすることが求められそうですね。

また、グレードに関してもより上質なランクを購入しやすい状態にしてほしいという意見がちらほら出てきています。

 

上級グレードは750万円程度と予算としては高くなってしまうのが特徴的です。

購入しやすいグレードは400万円を切る値段から購入できるので、もう少し安く購入できる状態を作ることが待望されると思います。

オーナーからは価格についての面でも、もっと手頃さを追求してほしいと感じられ、その動向が実現されるかも注目されるでしょう。

 

新型アルファード 新型 モデルチェンジはいつ頃? まとめ

新型アルファードのモデルチェンジについて、ここまで見てきました。

これまでは約6年から6年半程度で、次の代に変わってきており、その傾向が維持されるとすると、新型アルファードの次期型は2021年中に登場と考えられそうです。

しかし、モデルサイクルがもっと長めにとられる可能性もあるので、その場合は2022年まで現行型の販売が続くかもしれません。

 

クラウンやプリウスなど、トヨタを代表する車とモデルサイクルを比べても、新型アルファードはややサイクルは長めのようです。

代替わりのスパンが長くなる代わりに、改良やマイナーチェンジでモデルを充実させることが進められているので、その施策も維持されるとみられます。

 

モデルチェンジによって変わりそうな部分は、内外装と共に安全装備であると考えられています。

他のモデルにも言えることですが、最近はトヨタセーフティセンスなどの機能を求めるオーナーが急速に増加しています。

 

その流れに合わせて、安全運転のできる基盤を作る機能を強化することが、次期型移行で実現される見込みは高いかと思います。

この見立てだと、新型アルファードの次期型は、もう2~3年先になりますが、様々な面でグレードアップされることが待ち遠しいです。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型アルファードがほしい!

新型アルファードは、設備の充実しているところが

魅力としてよく挙げられています。

 

そんな中で、安全に関する装備である、

セーフティセンスの働きは抜群であると

オーナーたちから評価されています。

セーフティセンスの効果、そして装備される目的は、

事故発生に関するリスクを低減させることにあります。

 

追突事故、正面衝突事故、歩行者を巻き込んでの事故など、

様々なケースが想定されますが、

セーフティセンスでは様々なケースの可能性を下げることが

期待できる最新の安全装置もアルファードのお特徴です。

アルファード

私の前車は、輸入車でしたが10年落ちで、

5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、

それと比べたら感動モノに高性能なのがアルファードです。

 

新型アルファードの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に予算もあって手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




>アルファード

アルファード

CTR IMG