新型アルファード30系後期のグレードが多い!タイプは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

新型アルファードを買うにあたり、どのグレードを選んだらよいのかは、どうしても迷ってしまいますよね。

そもそも全部で何グレードが用意されているのか、そして価格で違いがあるのかは、知っておきたい部分です。

この記事では、新型アルファードの細かいグレードの違いや種類について、詳しく見ていきたいと思います。

広告

新型アルファード グレードは全部で何種類…?

 

新型アルファードには、なんと17種類ものグレードが用意されています。

少し分類を細かく見ていくと、標準仕様では、ハイブリッドで4グレード、ガソリンで4グレードにまず分けられ、この時点で8つのグレードが用意されます。

また、エアロ仕様には、ハイブリッドが4グレード、ガソリンが5グレードそれぞれ用意され、合計9グレードから構成されています。

標準仕様とエアロ仕様を合わせると、17のグレードに分けられているのですね。

こういったグレードの数は、他の車種ではなかなか見掛けることがなく、どう比べればよいのかも色々考えてしまいますよね。

詳しいグレードの中身などは、これから紹介していきたいと思います。




新型アルファード 30系 後期のグレード別の価格は?

アルファード

引用:https://toyota.jp/alphard/

新型アルファードの、それぞれのグレードの価格は比較する時に見ておきたいところですね。

実際に、各グレードで価格がどうなるのか、チェックしていきたいと思います。

※追記のないものは原則7人乗り仕様

アルファードに

 

アルファード

価格帯に関しては、新型アルファードは非常に幅広いという特徴があります。

最上級のグレードは750万円台ですが、最もリーズナブルだと330万円台と、同じ車種でありつつも400万円の差があります。

購入する際には、こういった値段の幅が大きなところは、要チェックであると言えそうです。




新型アルファード 30系 後期の人気グレードは?

アルファード

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/?padid=ag341_from_alphard_navi_grade

新型アルファードで、人気を集めるグレードは一体何になるのでしょうか。

いくつかのグレードを見つつ、検証していきましょう。

①価格と装備でバランスのとれたGグレード

標準モデルのガソリン仕様であるGグレードは、価格と装備の面でバランスが取れているため人気が高いとされています。

価格的な面では、標準のグレードでは2番目に安く、新型アルファードの中では購入しやすいと評価できます。

また、装備についても中級以上の仕上がりとなっており、ハンドルやシートなどでも満足行く質感に仕上げられています。

新型アルファードの中では、値段は抑えめでありつつも、装備は極端に省略されていないところが、人気に繋がっているのではないかと思います。

納得して新型アルファードを購入したい場合には、このGグレードは一番合うかもしれませんね。

②燃費が良く乗車定員も選べるハイブリッド Xグレード

標準モデルの中で、ハイブリッド Xグレードは燃費性能が優れているところがまずは大きなポイントとなります。

18km/L以上の燃費が期待できるところは、新型アルファードを買いたい人には嬉しい部分として感じられると思います。

また、このハイブリッド Xのグレードは、乗車定員の選択肢が2つ用意されています。

基本的に新型アルファードは7人乗りに設定されていますが、このグレードは8人乗りも設定されているのです。

ファミリーで乗る機会が多いという場合は、8人乗りも選択肢に組み込むことができるため、検討の余地が十分にありそうですね。



スポンサーリンク

新型アルファード 30系 後期のグレードでエアロとは?

標準仕様とエアロ仕様が用意されているところは、新型アルファードの特徴のひとつです。

このエアロ仕様は、通常の仕様とは細かい部分で違いが出ているのがポイントとなっています。

一番大きな違いとしては、外観がエアロ専用のパーツで構成されている部分ではないでしょうか。

フロントとリヤのバンパーは専用設計となり、通常仕様に比べて雰囲気が異なります。

 

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/?padid=ag341_from_alphard_navi_grade

また、サイドのマットガードもエアロならではのデザインのため、差別化が進められています。

内装についても、メーターのデザインやハンドルをカバーするステアリングホイール、そしてインストルメントパネルのデザイン、設計が専用のものとなっているようです。

こういった形式で、新型アルファードのエアロ仕様は、通常の仕様よりも明確な違いが目立っていると考えられそうです。

新型アルファード 30系 後期のグレードで価格リーズナブルは標準335万!

新型アルファードで、一番リーズナブルなグレードは、335万円から購入することができます。

通常仕様のガソリンで走行するXグレードであり、この2WDが335.4万円という値段の設定になっています。

乗車定員は8人乗りと、他のグレードの7人乗りとは少し違っているのがポイントですね。

最も価格が安く設定されているので、内装は比較的シンプルにまとめられていますが、新型アルファードを330万円台で購入できるのは嬉しい点に挙げられそうです。

外装、そしてインテリアに関しても、必要最低限のものだけで構成されていて、特に装飾が必要ないという人にはオススメできるグレードになると思います。

何と言っても価格の面では最も強いメリットを持つグレードですので、購入する際に参考にしてみてはどうでしょうか。

新型アルファード 30系 後期で一番豪華グレードは?750万?

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/?padid=ag341_from_alphard_navi_interior

最も豪華なグレードについては、750万円という金額で販売されています。

エアロ仕様のハイブリッド Executive Lounge Sであり、約751万円とう価格に設定されています。

最安グレードに比べて、なんと400万円も違いがあるというところは驚きのあるところですが、それだけ内外装共に豪華に仕立てられているのが特徴に挙げられます。

外装は、エアロ専用のフロント、リヤのバンパーが装備されているのに加えて、サイドマットガードはメッキモールの付属した、スペシャル仕様です。

また、アルミホイールは少し大きめの17インチであり、スパッタリングの特殊な塗装がついています。

内装もステアリングホイールは本革巻きでシルバーの木目調となっているほか、シートはプレミアムナッパ本革の仕様です。

このシートのグレードも最上級であり、座り心地、質感共に非常に満足できる仕上がりとなっています。

このように、価格は750万円という破格の水準ですが、それに見合うだけの内外装の装備が揃っているところが、このグレードのポイントになります。

新型アルファード30系後期のグレードが多い!どのタイプを選べばいいの?

新型アルファードには、トータルで17ものグレードが設定されています。

非常に多くの選択肢がありますが、それだけ価格や内外装の装備にも違いがあり、比較する必要が出てくるところも要点として挙げられています。

価格帯は400万円も違いがあり、自分の希望する予算に合わせてグレードをチョイスするということも現実的にできそうですね。

また、価格と一緒にインテリアと外装も大分差別化が図られているので、どういった新型アルファードの設備となっているのか見ることも大事になります。

これだけグレード形態の充実する車種はそれほどないと考えられるので、新型アルファードを購入する時にはグレードによる違いを見ると良いかもしれませんね。

車の情報追跡者:佐藤ヒロシ

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型アルファードがほしい!

新型アルファードは、設備の充実しているところが

魅力としてよく挙げられています。

 

そんな中で、安全に関する装備である、

セーフティセンスの働きは抜群であると

オーナーたちから評価されています。

セーフティセンスの効果、そして装備される目的は、

事故発生に関するリスクを低減させることにあります。

 

追突事故、正面衝突事故、歩行者を巻き込んでの事故など、

様々なケースが想定されますが、

セーフティセンスでは様々なケースの可能性を下げることが

期待できる最新の安全装置もアルファードのお特徴です。

アルファード

私の前車は、輸入車でしたが10年落ちで、

5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、

それと比べたら感動モノに高性能なのがアルファードです。

 

新型アルファードの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に予算もあって手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

【無料・お気軽に!】なので

使わない手はないです。

ディーラーでは39万円の下取りが、
買取業者では89万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

まずは、あなたの乗ってる愛車の価格を、この機会に確認すること
新車の予定がない、愛車を売る予定がなくても大丈夫です。

【無料】で愛車の価値を教えてくれる便利なサービスです。

中古車一括査定の安心車.jp