新型アルファードの安全設備セーフティセンスはどうなの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型アルファードは、設備の充実しているところが魅力としてよく挙げられています。

そんな中で、安全に関する装備である、セーフティセンスの働きは抜群であるとオーナーたちから評価されています。

このセーフティセンスがどんな仕組みなのかは、知りたいところですよね。

そこで、この記事では新型アルファードのセーフティセンスについて、詳しく見ていきたいと思います。




そもそもセーフティセンスってどんな仕組み?




 

引用:https://toyota.jp/safety/tss/

セーフティセンスという仕組みが、そもそもどんなものなのかについて、基本的なところは知りたいところですよね。

この機能がもたらす効果やメリットなどについて、ちょっと掘り下げてみていきたいと思います。

 

①基本的な効果は事故発生リスクの低減

セーフティセンスの効果、そして装備される目的は、事故発生に関するリスクを低減させることにあります。

追突事故、正面衝突事故、歩行者を巻き込んでの事故など、様々なケースが想定されますが、セーフティセンスでは様々なケースの可能性を下げることが期待できるようです。

事故の発生を防ぐこと、そしてドライバーをサポートするという役割が見込まれるので、セーフティセンスの装備はとても大切なものとして位置付けられています。

新型アルファードにも、この仕組みが搭載されており、運転する人をしっかりとサポートできることが期待できるようですね。

 

②具体的なサポート機能は種類が充実

実際に新型アルファードに搭載されるサポート機能は、多岐にわたります。

衝突事故を抑制するための自動ブレーキ機能は、最も大事な機能として挙げられています。

また、高速道路での走行を安全にするための機能や、夜の視認性の低い状態での走行をサポートする機能も装備されているようです。

どの装備についても、セーフティセンスの魅力的な機能として挙げられているため、新型アルファードでの走行性能をぐっと高め、安心して走行できる可能性が高くなることを後押ししています。

 

新型アルファードに限って挙げると、こういった機能が装備されていますが、トヨタの車種によって取り入れられる機能には少しずつ違いがあります。

車種の形状や特性に合わせて、各機能の装備の有無が違ってくるところは、セーフティセンスの大きなポイントとして挙げられると思います。

 




新型アルファードの車や歩行者や自転車を認識ってどういうこと?

 

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

新型アルファードは、車や歩く人、また自転車に乗る人を検知することのできる仕組みがあるようです。

では、どのような仕組みとなっているのかや、その機能の詳細について、見ていきたいと思います。

 

①プリクラッシュセーフティという自動ブレーキが作動

対人、対車両に関しての検知を行い、衝突を回避する機能はプリクラッシュセーフティという自動ブレーキの作用です。

この自動ブレーキが働くことによって、新型アルファードが車や歩行者、そして自動車を検知可能になるので、事故の発生リスクを軽減させるのです。

日中の明るい時間帯だけではなく、日暮れ時や夜の暗い時間でも、自動ブレーキについての機能がしっかりと作用するため、装備の付属していない車に比べて安全性が高まります。

 

新型アルファードでは、こういった自動ブレーキは標準的に装備されています。

なので、ブレーキの機能が充実し、安全性、事故のリスク軽減などの利点を生み出しているのですね。

 

②単眼カメラとレーダーを複合させたブレーキ機能の確立

自動ブレーキには、単眼カメラとミリ波レーダー、レーザーレーダーが機能する仕組みです。

単眼カメラでは、非常にワイドな視野を監視しながら、前にいる歩行者や自動車を認知する役割を持ちます。

レーダーのひとつであるミリ波レーダーでは、霧による視界不良や夜間の暗い環境でも、先行する人や車との距離を適切に検知する役割を持っています。

 

もうひとつの種類であるレーザーレーダーは、比較的近い距離に位置する先行車や歩行者の検知をおこなうが主な役割です。

先行する車などとの距離を精密に計測できるところがポイントであり、事故が発生しないよう未然に対処することに役立っています。

先行する車が、10~80km/hの間で動いている場合に、こういった検知が実践されるので、様々なスピードの移動するものに対応しています。

事故の発生するリスクを軽減することに対しては、この自動ブレーキは大きく役立っていると言えると思います。

 




新型アルファードの高速道路での安全サポートもうれしい

 

引用:https://technology-illustration.com/01-self-driving/014-free-image.html

高速道路を走行中の安全についてのサポートも、新型アルファードでは充実しているようです。

高速走行でキーになる機能は2つあり、その1つ目はレーントレーシングアシストです。

この機能はハンドル操作のサポートであり、車線の中央をできるだけ走行できるようにアシストする特徴があります。

車線を大きくはみ出しそうな時などにブザーの警報が鳴り、ステアリングの制御が作動する流れとなります。

 

これにより、集中力が低くなりやすい高速での走行時にも、安心できる可能性がアップします。

そして、2つ目の機能はレーダークルーズコントロールです。

高速道路では、先行する車の走行状態によって、こまめに速度の変わることが一般的です。

急にスピードがダウンしたり、再び速度が上がったりなど、状況に応じた運転が求められます。

 

レーダークルーズコントロールでは、先導する車の追従をしっかり行うことが期待できます。

適切な走行スピード、そして車間距離の維持がメリットのひとつとして挙げられており、高速道路で安全に走行することにも役立っています。

レーントレーシングアシスト、レーダークルーズコントロールの2つの機能がそれぞれうまく噛み合うことで、高速道路でも問題なく走行できるのではないでしょうか。

 




新型アルファードの夜間走行も安全にサポート

 

引用:https://www.pakutaso.com/20140742183post-4318.html

夜暗い時間、新型アルファードで走行するシーンも多いかと思います。

その場合には、自動ハイビームシステムが安全に走行することに役立つようです。

自動でロービーム、ハイビームを切り替えられ、最適な明るさで前方の視界を確保します。

それによって、前方にいる歩行者や自転車を運転する人をすぐに見つけやすくなり、事故のリスクを軽減することに貢献してくれます。

 

こういった特徴は、夜間の走行シーンでは非常に強い味方になってくれそうですよね。

新型アルファードにはこういった自動ハイビーム機能も標準で装備されているので、暗い時間に走行する機会が多いという人でも安心できるかと思います。

自動でライトの上下が切り替えられる基準としては、先行する車や歩行者がいないかどうかであるとされています。

 

また、対向車の有無によっても自動でハイビームの切り替えが進められ、最適な明るさを持続させつつ新型アルファードで夜間の走行ができるようですね。

夜の走行については、柔軟にライトを切り替えることや、明るさを調整することが常に求められます。

そのため、こういった自動ハイビームに関する機能がしっかりと機能することに伴い、新型アルファードの安全な走行にも良い影響がもたらされるでしょう。

 

新型アルファードの安全設備セーフティセンスが半端ないって本当? まとめ

新型アルファードに搭載される、セーフティセンスの機能などについて見てきました。

セーフティセンスは複数の機能から構成され、車や歩行者を認識する機能、高速道路や夜間の走行で安全性を確保することなどがポイントのようです。

普段の市街地などの走行中はもちろんですが、高速道路を走る際や、暗い道を走る場合など、様々なケースに対応した機能としても評価できそうです。

 

セーフティセンスの最も大事な点は、事故のリスクを低減させること、そして未然に事故の発生を防ぐこととされます。

新型アルファードには様々なセーフティセンスの機能が搭載されており、安心して走り続けることのできる可能性を大きく高めることができるのではないでしょうか。

上手にセーフティセンスの仕組みを活用しながら、新型アルファードでの運転をより安全にしてみることがオススメですね。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型アルファードがほしい!

新型アルファードは、設備の充実しているところが

魅力としてよく挙げられています。

 

そんな中で、安全に関する装備である、

セーフティセンスの働きは抜群であると

オーナーたちから評価されています。

セーフティセンスの効果、そして装備される目的は、

事故発生に関するリスクを低減させることにあります。

 

追突事故、正面衝突事故、歩行者を巻き込んでの事故など、

様々なケースが想定されますが、

セーフティセンスでは様々なケースの可能性を下げることが

期待できる最新の安全装置もアルファードのお特徴です。

アルファード

私の前車は、輸入車でしたが10年落ちで、

5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、

それと比べたら感動モノに高性能なのがアルファードです。

 

新型アルファードの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に予算もあって手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




>アルファード

アルファード

CTR IMG