新型アルファード8人乗りと7人乗りはどうなの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

新型アルファードには、7人乗りと8人乗りの仕様が設定されています。

同じ車種でありながらも、乗車定員に違いがある部分は、購入を考える人にとっては大事な部分として感じられるのではないでしょうか。

この記事では、新型アルファードの7人乗り、そして8人乗りについて、それぞれチェックしていきたいと思います。

広告

新型アルファードの7人乗りと8人乗りは何が違ってるの?

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/space/?padid=ag341_from_alphard_interior_contents_space

7人乗りと8人乗りが設定される新型アルファードは、それぞれで何が違うのでしょうか。

一番大きな違いとしては、2列目シートの形状が挙げられそうです。

後部座席、2列目のシート配置は、7人乗りは2つの席がそれぞれ独立した形状となっています。

一方で、8人乗りの方は3人掛けのベンチタイプのシートとなっており、分かれての設計とはなっていません。

こういった2列目の座席の違いが、新型アルファードでは7人乗り、8人乗りでの大きな違いのひとつにあたるのではないでしょうか。

また、新型アルファードは基本的に7人乗りが多いものの、一部のグレードで8人乗りが用意されています。

設定されるグレードに違いがあるという部分についても、7人乗りと8人乗りでは異なる点のひとつとして挙げられそうですね。




新型アルファード7人乗りと8人乗りのメリットとデメリットは?

新型アルファードは、7人乗りと8人乗りでそれぞれどういった利点と良くない点があるのでしょうか。

それぞれの乗車定員ごとにチェックしていきたいと思います。

①7人乗りのメリット・デメリットは?

まずは7人乗りのメリットとデメリットを見ていきましょう。

【メリット】

(1)ウォークスルーが簡単にできる

一番大きなメリットは、2列目から3列目に簡単に移動できる部分が挙げられそうです。

ウォークスルーのできるという部分は、SUVやミニバンでは大きな強みになります。

新型アルファードの7人乗りでは、中部から後部の座席に簡単に移動することができ、そこがメリットのひとつとして出てくるかと思います。

(2)シートアレンジが柔軟に実現可能

 

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/space/?padid=ag341_from_alphard_interior_contents_space

シートアレンジは、7人乗りの場合柔軟に実現させることのできる部分が売りになってきます。

最前列の助手席は、スーパーロングスライドレールが装備されています。

それに伴い、最大1,160mm後部に動かすことが可能となり、2列目と同じ位置まで助手席を下げることが可能になりました。

大型のSUVでは、この変化はなかなか見受けられなかったので、大きなポイントになりそうですね。

【デメリット】座席に若干圧迫感を得ることがある

座席の特徴として、座面の前部分が持ち上がった形状となっています。

それが原因で、座った際に太ももに若干圧迫感を感じてしまう可能性があるようです。

特に体格が小さめの人は、こういった圧迫感を感じるケースが想定されています。

その部分は、7人乗りのデメリットとして抑えておくと良いでしょう。

②8人乗りのメリット・デメリットは?

続いて、8人乗りのメリットとデメリットを見ていきましょう。

【メリット】

(1)乗車定員が多い

一番のメリットは、やはり8人が最大で乗れるところにありそうです。

ファミリーで出かける場合などは、8人乗りのSUVが必要になる機会も多くなるのではないでしょうか。

7人乗りに比べて、乗車できる定員が多くなっている部分は、この仕様の魅力的なところとして挙げられるかと思います。

(2)後部座席の使い方を幅広く考えられる

後部座席、特に3列目は使い方を幅広く考えることができるようです。

最大定員で乗るために通常通りの使い方をするのが一般的であるかもしれません。

しかし、3列目を跳ね上げてスペースを作ると、荷物を置く空間としても利用可能です。

ラゲッジスペースをやや多めに確保したいという場合には、柔軟に後部座席を使うことができますね。

【デメリット】スライドドアから出る時に時間がかかるかもしれない

後部座席から出る際は、スライドドアを開けてから外に出るまで、若干時間が掛かる可能性があります。

2列目のシートに比べて、3列目のシートはやや出にくい傾向があるようなので、慣れるまでは特にスライドドアからの出入りには時間を要することが考えられます。

全くゆとりのない状況ということではないものの、乗り降りの際は不便に感じられるかもしれませんね。




新型アルファード7人乗りと8人乗りは家族の数は選べる

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

新型アルファードで、7人乗りと8人乗りのどちらを選べばよいかといのは悩みどころですね。

基本的には、親子に祖父母などの2世帯で乗ることを想定すると、7人乗りでも特に問題はないと言えそうです。

また、何家族か友達同士でレジャーに行く機会が多いなど、出掛けるシーンが多くなりそうな場合は8人乗りを選んでも良いかもしれません。

1家族単独で出かけるとなった場合でも、3列目をラゲッジスペースにすると有効に空いた空間を活用できるからです。

特に7人乗りと8人乗りで極端な差が出ることはありませんが、どういったメンバーで乗る機会が多くなるかを考えながら検討することが現実的と言えます。



スポンサーリンク

新型アルファード7人乗りと8人乗りの2列めシートは?

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/space/?padid=ag341_from_alphard_interior_contents_space

2列目のシートは、それぞれのタイプでどう異なるのでしょうか。

7人乗りは、2列目は1席ずつに分かれ、2人が座れるようになっています。

最前列と同じように、ゆったりと腰かけることができる点が大きなメリットとなっているようです。

8人乗りの仕様では、2列目はベンチタイプの仕組みとなっており、3人が座れます。

着席することのできる人数が多くなっているので、大人数でも問題なく利用できる部分が、メリットとして挙げられるかと思います。

2列目の仕組みや設計は、7人乗りと8人乗りでは大きく異なっているため、購入前には詳しく確認しておく必要がありそうですね。

新型アルファード7人乗りと8人乗りの3列めシートは?

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/space/?padid=ag341_from_alphard_interior_contents_space

最後列の3列目のシートは、7人乗りと8人乗りの両方で柔軟に利用できる特徴があります。

通常通りに使用すると、3人が座れるようなタイプのシートとなっています。

また、左右に畳んだ状態にすると、そこにできる空間はラゲッジスペースとしても利用できるようになり、最大4~5人の乗車で、大きめの荷物を載せることも可能です。

両方の乗車定員でも、似たような形式で3列目のシートを畳むことが可能です。

そのため、普段最大でも4~5人しか乗らないという場合は、ラゲッジスペースとして3列目の空間を有効に利用するのもひとつの方法になりそうです。

新型アルファード7人乗りと8人乗り?どっちにするか迷ったら?

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

新型アルファードを買う時には、7人乗りか8人乗りかで迷ってしまう人はきっと多いと思います。

普通に使うことが多いという場合には、7人乗りを選ぶことが無難なアイデアになりそうです。

2列目がセパレートで座り心地が保証されており、特に不便を感じることもなからです。

比較的アウトドアで出掛ける機会が多く、荷物を載せるシーンが多くなりそうであれば、8人乗り仕様を選ぶこともひとつの考えとなりそうですね。

また、大人数で出掛けることが多いという場合も、8人乗りを優先的に検討してみると、良い結果になるのではないでしょうか。

しかし、日常生活で利用するシーンが大半を占める場合は、7人乗りを選ぶことがオススメされるかと思います。

新型アルファード7人乗りと8人乗り?リセールバリューがいいのは?

売却時のリセールバリューは、7人乗りの方が高めになるとされています。

新型アルファードでは、7人乗りがかなりの割合で売られているため、ポピュラーであると評価されています。

その特徴が、売却時の査定にも大きく影響をもたらしていることから、リセールバリューも8人乗りより7人乗りが高くなると考えられています。

将来的にも、このようなリセールバリューの推移が維持される可能性は、新型アルファードに関しては非常に高いと見込まれています。

新型アルファード8人乗りと7人乗りはどうなの? まとめ

 

新型アルファードの7人乗り、8人乗りについて、詳しく比べてきました。

やはり車内空間でシートの設計などに違いが見受けられており、購入する際には要チェックといったところではないでしょうか。

各仕様でメリットとデメリットも明確に出ており、どういったところが購入時に大事か、洗い出すと良いかもしれませんね。

新型アルファードは非常に魅力的な車種であり、7人乗りと8人乗りで細かい仕様分けも施されています。

それぞれの仕様で特徴が出ていることを念頭に置いて、購入する時には比較すると納得して購入できそうですね。

 

車の情報追跡者:佐藤ヒロシ

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型アルファードがほしい!

新型アルファードは、設備の充実しているところが

魅力としてよく挙げられています。

 

そんな中で、安全に関する装備である、

セーフティセンスの働きは抜群であると

オーナーたちから評価されています。

セーフティセンスの効果、そして装備される目的は、

事故発生に関するリスクを低減させることにあります。

 

追突事故、正面衝突事故、歩行者を巻き込んでの事故など、

様々なケースが想定されますが、

セーフティセンスでは様々なケースの可能性を下げることが

期待できる最新の安全装置もアルファードのお特徴です。

アルファード

私の前車は、輸入車でしたが10年落ちで、

5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、

それと比べたら感動モノに高性能なのがアルファードです。

 

新型アルファードの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に予算もあって手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

【無料・お気軽に!】なので

使わない手はないです。

ディーラーでは39万円の下取りが、
買取業者では89万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

まずは、あなたの乗ってる愛車の価格を、この機会に確認すること
新車の予定がない、愛車を売る予定がなくても大丈夫です。

【無料】で愛車の価値を教えてくれる便利なサービスです。

中古車一括査定の安心車.jp