新型アルファードハイブリッド【口コミ】カタログ燃費と実際の燃費は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

クルマを購入する時に気になる燃費。新型アルファードはミニバンクラスの中で1番デカく、車体が大きければクルマの重量も重くなる。だが、ハイブリッド車はガソリン車に比べて燃費がいいと言った口コミも実際にはある。

実際に乗っているユーザーの口コミなどを参考に、カタログ燃費をもとに比較してみた。




新型アルファードハイブリッド【口コミ】カタログ燃費は?

https://toyota.jp/alphard/

2018年1月に発売が開始されている新型アルファードだが、今年の10月以降から本格的に燃費の測定方法が今後は「WLTP」に変更になる。

カタログには、JC08モードで測定されているが燃費がいいと言われるハイブリット車の燃費は以下の表の通りで、JC08モードでは18.4km/Lになっており、新型アルファードの車体の大きさを考えればかなりいい数字になっているのが分かる。

だが、これをWLTPに変更してみると、13.8km/Lになる。

アルファード

エアロ

JC08モードの燃費計算は、実燃費とかなり数字がずれてしまうなどといった意見が多く、WLTPの燃費は測定方法がJC08モードに比べて厳しいのでより近い数字になっている。せっかく購入するなら、なるべく的確な情報が必要になるが今後燃費計算がWLTPに統一されるので維持費やガソリン代などどうしてもかかってしまう維持費を把握することができるだろう。

カタログだけ見ると、新型アルファードの大きさと乗車人数が7~8人設定を考えれば燃費がいい印象に捉えれるがこのカタログの数字を鵜呑みにしてしまってはいけない。

なぜなら新型アルファードに乗っているユーザーの口コミと比較すれば一目瞭然だからだ。

 

https://toyota.jp/alphard/




新型アルファードハイブリッド【口コミ】実際の燃費は?口コミでチェック

写真撮影:M,M

写真撮影:M,M

アルファード

新型アルファードハイブリッドは、トップクラスの燃費で有名なプリウスに近い制御システムになっており、とにかく電池を貯めようとしてくれる。

アルファード10系20系と比べても燃費は向上されており一般道の長距離で16km/Lが可能になっている。

高速道路では、スピードを出すので中々電気で走行するのが難しく燃費が上がりにくいっといった口コミが多い。

発売されてまだ1年も経過していないのでこれからの季節に使用してしまうエアコン・快適温熱シートなどで冬場の燃費がどう変わるか気になる。

HYBRIDの口コミの街乗りが11.0km/Lになっているが10km/L以下になってしまうかもしれない。




新型アルファードハイブリッド【口コミ】実際の燃費は?高速と街乗りの違いは?

https://toyota.jp/alphard/

街乗り   11.0~16.0km/L

高速道路  14.0~15.5km/L

新型アルファードハイブリットは、街乗りで燃費を全く気にしないで走行すると10.0km/L以下になってしまう口コミがあった。そんなに悪いなら他のLLサイズのミニバンの方がいいのではにのかと思ってしまうが比較してみると

日産 エルグランド エクストロニックCVT   JC08モード10.8km/L

トヨタ ヴェルファイア  ハイブリッド JC08モード18.4km/L

トヨタ シエナ  V6  排気量3.5 カタログ燃費11.4km/L

 

3種類で比較してみるが、お分かりだろうか「シエナ」北米で製造・販売されているアメリカ市場に合わせて作られたミニバンが入ってます。

シエナは逆輸入車になるので、ハンドルは左になるが車体の長さ・幅は新型アルファードより少しデカく室内も十分なスペースと収納が確保されているクルマだ。エルグランドとヴェルファイアは良く比較に使われるライバル車だ。

ヴェルファイアは、カタログ上に書いてある燃費と新型アルファードの燃費と殆ど一緒になるので実燃費も一緒だと思えばいい。

エルグランドはの実燃費は、街乗りで6~8km/Lと良く言われており、あの車体の大きさでスポーティな走りが実現できるのでクルマ好きには、とても人気が高い。

 

https://prcm.jp

 

シエナは、排気量3.5に対して実燃費が9km/Lになっており、新型アルファードと同じLLサイズのミニバンはどれもあまり燃費が変わらない。もし、あまり人とクルマが被りたくなければ、シエナはおススメだ。

室内空間もかなりデカく走行性能や馬力も満足できる内容になっており人と滅多に被らないが、販売されているクルマも少し車体価格が高く、万が一故障で部品交換となれば直ぐに無い可能性もあるので国産車に比べたら維持費がかかってしまう。

インターネットで簡単に見れるので一度確認して見てはいかがだろう。

 

 

写真撮影:M,M

新型アルファードのハイブリット車は、30.0~20.0km/Lの燃費が多いが、新型アルファードの重量を考えると燃費が悪いのはしょうがないと割り切って購入する傾向がある。3種類のクルマで比較しても、どれも似たような燃費になっているのが分かる。

燃費が上がると思われがちな高速道路は、速度が出しやすく、常にエンジンがかかっている状態で下道ほどの燃費が出ない。新型アルファードの高速走行時、時速が90km以上を境に急激に燃費が悪化するらしい。

時速90kmを超えずにレーダークルーズコントロールを使用して走れば無駄な加速が無くなり、高い燃費を記録することができるかもしれない。

 



スポンサーリンク

新型アルファード【口コミ】ガソリンの実燃費は?エアロと標準の違いは?

写真撮影:M,M

アルファード

アルファード

※3.5Lは、ハイオク

こちらもカタログに書いてあるJC08モードの数字で、10.0~13km/Lの間になっている。WLTPで燃費計算をし直してみると大体10.0km/Lが多いが口コミはどうなっているのか見てみると

街乗り  5.0~9.0km/L

高速道路 7.0~12.0km/L

写真撮影:M,M

JC08モードでは、高速道路での数字だけが口コミの燃費と近い。WLTP測定モードが実燃費により近く参考になる。

実際に、新型アルファードに乗っているオーナーが何人か回りにいるが、子供を保育園や幼稚園に迎えに行き職場も近場で運転していると、燃費が6.0km/Lしかなく毎月のガソリン代が非常にかかってしまい、ここまで燃費が悪いと思わなかったと言っていた。

エアロボディ車とノーマル車の重さは、さほどかわりがないので燃費は同じだ。

高速道路では、一定の速度で走行できるのでやはり燃費が良くなる。エアロボディ車で良く高速道路を使うオーナーからは、燃費がいい時は12.0km/Lになった時があると聞いているので走る道によっても非常に左右されやすいのが新型アルファードだ。

新型アルファードハイブリッド【口コミ】カタログ燃費と実際の燃費は?まとめ

新型アルファードの燃費は、正直あまり期待できない。季節や走る距離によって燃費が非常に左右されやすいので、大型連休がある月はガソリン代の出費が増えてしまう。

今は少ないが、燃費向上パーツなども今後色々登場して実燃費が例えば9km/Lでも、簡単に向上できるパーツが出てくるかもしれない。

新型アルファードにしかない、室内の広さやアルファードのデザイン・徹底された安全装備・走行性能・機能性などが充実しているので燃費は、そこまで気にしているユーザーは少ないのかもしれない。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型アルファードがほしい!

新型アルファードは、設備の充実しているところが

魅力としてよく挙げられています。

 

そんな中で、安全に関する装備である、

セーフティセンスの働きは抜群であると

オーナーたちから評価されています。

セーフティセンスの効果、そして装備される目的は、

事故発生に関するリスクを低減させることにあります。

 

追突事故、正面衝突事故、歩行者を巻き込んでの事故など、

様々なケースが想定されますが、

セーフティセンスでは様々なケースの可能性を下げることが

期待できる最新の安全装置もアルファードのお特徴です。

アルファード

私の前車は、輸入車でしたが10年落ちで、

5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、

それと比べたら感動モノに高性能なのがアルファードです。

 

新型アルファードの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に予算もあって手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

【無料・お気軽に!】なので

使わない手はないです。

ディーラーでは39万円の下取りが、
買取業者では89万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

まずは、あなたの乗ってる愛車の価格を、この機会に確認すること
新車の予定がない、愛車を売る予定がなくても大丈夫です。

【無料】で愛車の価値を教えてくれる便利なサービスです。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は