新型アルファードのスタッドレスタイヤのサイズやオススメは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料の見積もりで高く売りたい!!」という方は

冬に向けてのスタッドレスタイヤの準備は、今からの季節多くなってくる。

タイヤ販売店もスタッドレスタイヤの販売に力を入れる時期に入った。新型アルファードを購入したオーナーは、雪が降る地域に住んでいればそろそろ準備しないといけない。

今回はスタッドレスについて詳しくまとめてみた

広告

新型アルファード スタッドレス おすすめ はどこがいい

https://toyota.jp/lifestyle/skisnowboard/style/mini/

雪が降る地域では、スタッドレスタイヤは無くてはならないもの。

実際夏タイヤで、雪が積もっている道路を走行することはできるが止まれないので危険だ。

スタッドレスタイヤは、夏タイヤに比べ4本の価格が倍の値段になり、種類も少なくメーカーによって雪の上での性能が異なる

 


写真撮影:M,M

 

ブリヂストン・ミシュラン・ヨコハマは、信頼が高いメーカーで雪国でとても人気があり装着率が高いブランドだ。

 ミシュラン 〉 ブリヂストン 〉 ヨコハマ・ダンロップ・トーヨー 〉 グッドイヤー 

新潟県・石川県・北海道で人気があるメーカーは、ミシュラン・ブリヂストン・ヨコハマが良く売れ、特徴は以下の通りになる

“ミシュラン”

価格が他と比べて高い。雪には非常に強いがタイヤの日焼けがしやすい。

ミシュランを1度購入したら次購入するのもミシュランを選ぶ人が多く、北海道でタクシーが使用しているタイヤだ。

“ブリヂストン”

価格が他と比べて高い。こちらも雪に強く、水分を含む雪やサラサラの雪などどんな時でもしっかり止まってくれる。

こちらのタイヤを購入するユーザーの買い替え時期は、他のメーカーに比べれば遅く4~5年周期が多い

“ヨコハマ”

ダンロップと値段があまり変わらないことが多く性能も良い。

どんな雪でもしっかり食いつき、安心して運転もでき性能もブリヂストンに負けずしっかりして人気がある。

 

写真撮影:M,M

“ダンロップ”

ヨコハマと値段が変わらない。2017年に、初めて履いてみたが新雪で何度も滑ってしまった。

4WDだったが雪が積もったカーブでは特に後輪が安定しない。本格的に雪が降る地域ではあまりおススメできない。

“トーヨー”

トーヨータイヤは、広告の限定数台のみの目玉商品で使われ2~3年周期でタイヤがダメになることが多い。

やはり価格も他と違って少し安めな設定が多いが、性能はブリヂストン・ヨコハマに比べると低く感じれる。

 

https://toyota.jp/alphard/

新型アルファードのタイヤサイズは、16インチ装着車でもスタッドレスタイヤの値段は高く買い物や子供の送り迎えなど近場しか走行せず気温が下がる夜にはクルマを出すことがない条件であれば、トーヨー・ダンロップ・グッドイヤーで十分だ。

ある程度距離を走行し、時間帯関係なくクルマを動かさないといけない条件であればヨコハマ・ブリヂストン・ミシュランが非常におススメだ。

 

ヨコハマ・ブリヂストン・ミシュランどれも使用したことがあるが、どのメーカーも凍結した道路でしっかり食いつき滑りにくくなっているので時間帯を気にせず走行することができた。

タイヤの寿命も4~5年は持ち性能も落ちることが無かった。

 

写真撮影:M,M

中には、性能に満足しなければ返金するといったメーカもあるので参考に調べて見てはいかがだろうか




新型アルファード スタッドレス インチダウンは?

写真撮影:M,M

新型アルファードの購入時のタイヤのサイズはグレードによって異なるが、どのグレードでも16インチは装着可能だ。

215/65R16

225/60R17

235/50R18

スタッドレスは高いので、18インチ装着車でも16インチにインチダウンして金額を安くすますことができるが、量販店で確認したところ17インチを購入する人が殆どだそうです。

なぜなら、215/65-16と225/60-17の差額が1万円ほどしか変わらず地面につく接地面が広ければ広いほど踏ん張る力があるので1万円しか変わらないなら17インチにしようという考えだ。(夏タイヤは18インチ装着車)

https://toyota.jp/lifestyle/skisnowboard/style/mini/

・轍にはまりにくい
・ハンドル操作が安定しやすい

インチダウンの一番のメリットがやはり、安くスタッドレスが購入できることだ。

 

雪が降る北陸での11月現在の店頭の価格が、ホイール付きで

17インチ ダンロップ 前モデル セット品 10万円

16インチ ダンロップ 前モデル セット品 9万円

16インチ ブリヂストン 現行モデル セット品 15万円

 

ホイールさえ買ってしまえば、次回からはタイヤのみ購入になるので金額は、安くなり215/65-16で7万円くらいでタイヤは購入できる。

 




新型アルファードスタッドレス中古でも大丈夫?

写真撮影:M,M

1. 中古販売店で購入

2. インターネットでの、オークション落札

3. 楽天やAmazonでの購入

スタッドレスタイヤを少しでも安く購入するには、様々な方法がありオークションなどが特に安く購入できたりする。

しかし、冬場にしっかり機能しないスタッドレスタイヤを購入しないといけないので、どんなところを注意しないといけないか説明する

 

購入での注意点

[box class=”yellow_box” title=”注意点”] 1. インターネットでのオークション

写真を数枚掲載して出品しているのが殆どだが、実物を確認できないのがデメリットだ。大体ホイールセットでの出品が多くタイヤよりホイールの状態を気にしないといけない。

特に、ホイールの傷からの錆は腐食が進行しやすくリムが削れている(広範囲に)ホイールであれば最悪バランスがとりづらいなどといった事もある。

購入するなら、ある程度の知識がないとかえってお金がかかってしまうケースもある。[/box] [box class=”yellow_box” title=”注意点”]

2. 楽天やインターネットでの購入

現行モデルか1つ前のモデルかしっかり調べる。

1つ前のモデルであれば、直接店頭で買った方が安いことがあるのでインターネットが全て安いとは限らない。製造年数も何年のタイヤか説明文が書いてあるので詳細を見落とさないようにしないといけない。

インターネットでタイヤを販売している会社は沢山あるので、販売実績のあるところを選ばないといけない。[/box] [box class=”yellow_box” title=”注意点”]

3.中古販売店

店舗の販売員に聞けば、中古のタイヤの詳細はしっかり教えてくれるが正直当たりハズレはある。

スタッドレスタイヤで1年しか使用していないものであれば、思った以上に安くなく新品購入と違って色々と細かい点での融通がきかない。

写真撮影:M,M

新型アルファードのスタッドレス+ホイールセットを新品購入すれば現行モデルで9~15万円を簡単に超えてしまう。(16インチ)

なら製造年が去年のタイヤやネットオークションでの購入・オリジナルブランドを取り扱っている販売店などに絞れば、相場より安く購入することが可能だ。[/box]

 



スポンサーリンク

新型アルファード スタッドレス 安く購入するには

https://toyota.jp/lifestyle/skisnowboard/style/mini/

スタッドレスが必要な地域では、このような流れになっている

 

  1. 早くて8月からスタッドレスタイヤの販売が開始されて早期割引が行われる
  2. 9月~11月に、チラシが本格的に入ってくる
  3. タイヤ販売店が力を入れている時は、必ず限定品が出てくる
  4. 雪が降りだすころには、スタッドレスタイヤが通常の値段になる

 

8月・9月・10月・11月・12月どの時期にスタッドレスタイヤを購入しても値引き金額はさほど変わらないから雪が降るギリギリまで購入しなくていいと思っている人は多いが

早め早めに購入すれば値引きが大きい

販売店の方針にもよるが、お店で購入する場合見積書を書いてもらい同じような量販店で比較して1番安いところで購入すれば1番効率がいい。

 

住んでいる県ではスタッドレスタイヤは必要不可欠だが、金額が高い理由で高速道路を使って隣の県で購入する人もいる。

地域によって金額がかなり異なってしまうのも事実だ。

 

インターネットでの購入を検討中であれば、どの時期に購入しても1本の価格に変動は無いが本数が限られてるケースが殆どなので、掲載されている製造年・モデル・タイヤサイズ・本数をしっかり間違えずに購入することを気を付けないといけない。

 

新型アルファードのスタッドレスタイヤのサイズやオススメは?まとめ

新型アルファードのスタッドレスタイヤはインチダウンしても高い。メーカーによって値段に差が出たりするが。やはり高いスタッドレス程信頼できる性能を兼ねそろえているのは間違いない。

アルファードの車体は大きく、デカいクルマが雪道でハンドルをとられてしまったら大事故になりかねない。

メーカーによって何年持つか、どんな雪道が弱いかなどがあるのである程度下調べして購入をおススメする。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型アルファードがほしい!

新型アルファードは、設備の充実しているところが

魅力としてよく挙げられています。

 

そんな中で、安全に関する装備である、

セーフティセンスの働きは抜群であると

オーナーたちから評価されています。

セーフティセンスの効果、そして装備される目的は、

事故発生に関するリスクを低減させることにあります。

 

追突事故、正面衝突事故、歩行者を巻き込んでの事故など、

様々なケースが想定されますが、

セーフティセンスでは様々なケースの可能性を下げることが

期待できる最新の安全装置もアルファードのお特徴です。

アルファード

私の前車は、輸入車でしたが10年落ちで、

5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、

それと比べたら感動モノに高性能なのがアルファードです。

 

新型アルファードの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に予算もあって手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

【無料・お気軽に!】なので

使わない手はないです。

ディーラーでは39万円の下取りが、
買取業者では89万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

まずは、あなたの乗ってる愛車の価格を、この機会に確認すること
新車の予定がない、愛車を売る予定がなくても大丈夫です。

【無料】で愛車の価値を教えてくれる便利なサービスです。

中古車一括査定の安心車.jp