新型アルファードのロイヤルラウンジってどんな車?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型アルファードには、ロイヤルラウンジといったハイグレードがある。乗車人数は4人設定になっており、運転席と2列目が分かれてまるで車内の造りはリムジンみたいになっている。

このロイヤルラウンジに乗っているのが、トヨタ自動車の社長豊田彰男氏といった噂がありどのようなクルマかを調べてみた。




新型アルファードロイヤルラウンジは内装がファーストクラス




https://toyota.jp/alphard/customize/royallounge/

 

ロイヤルラウンジとは、ベース車のアルファードが持つ広大なリヤキャビンを2席のみに

従来の高級セダンを凌駕する頭上空間・足元スペースが確保され、液晶ディスプレイとJBLプレミアムサウンドシステム・リヤエンターテインメントシステムが装備されている

パーテーションが全車標準装備されているので、落ち着きのあるプライベート空間に

 

https://toyota.jp/alphard/

上の写真は、2018年の1月にマイナーチェンジした新型アルファードのExecutive Lonugeのカタログに載っている写真だ。

こちらのグレードの車体価格は高いので税込7,253,280円になっているが、ある程度のオプションを付ければ100万円くらいは追加でかかるので車体価格+オプション代などで850万円はするハイグレードのクラスだ。

とても満足できる車内空間に、人まで沢山乗ることができ、更にどこの席に座っても乗り心地が満足できるがロイヤルラウンジは、これより更に凄いグレードになる。

https://toyota.jp/alphard/customize/royallounge/

こちらのグレードは、実際に中古車でも市場に出ているので室内の写真を見ることが可能になっている。

見た目で判断するのは難しくサイドに貼ってあるエンブレムで、ロイヤル ラウンジか識別できスライドドアを開ければ特別仕様車なのかすぐに分かる。




新型アルファードロイヤルラウンジの装備が半端ない!


https://toyota.jp/alphard/customize/royallounge/

新型アルファードの室内装備は大きく分けて以下の通りになる

・専用VIPシート(リラクゼーションシステム装備)
・読書灯
・24インチ 液晶ディスプレイ
・JBLプレミアム サウンドシステム
・冷蔵庫

 

2列目の車内には、24インチのテレビが備え付けになっておりスピーカーの数が17個装備されている。

https://toyota.jp/alphard/customize/royallounge/

 

海外メーカーのJBLのスピーカーが採用されているので、車内で映画鑑賞をすれば小さな映画館に早変わりし、専用VIPシートにはフジ医療器との共同開発によるリラクゼーションシステムが搭載され集中コントロールパネルで使用箇所も細かく選択可能になっている。

フロントとリヤとの間はフルパーテーションで仕切り、移動中の空間を快適に過ごせる工夫が施されている。

大型テレビの下には、冷蔵庫が装備され書類なども置くことができるスペースとUSB/AUX入力端子・アクセサリーコンセント・HDMI入力端子・VTR入力端子が準備されているので装備が充実しているのが分かる。

運転席と2列目の空間は、フルパーテーションで仕切られているがボタン一つで言葉のやり取りが可能になっているので何かあればボタンを押すことで直ぐに会話ができる。

 

https://toyota.jp/alphard/

上記の装備のことを考えると、やはり新型アルファードのロイヤルラウンジは運転を自分でするクルマではない。

家族が使うクルマではなく、大人が仕事やプライベートを両立させれるクルマになっている

 




新型アルファードロイヤルラウンジの価格が驚き!

https://toyota.jp/alphard/customize/royallounge/

 

ロイヤルラウンジの価格は、どれも1千5百万~1千8百万円の価格設定しか準備されておらずとても高い。

住んでる地域にもよるが、庭付き新築の家が購入できてしまいそうな金額になっており、貯金があっても一般家庭では正直購入する人はいないだろう。

 

新型アルファードのロイヤルラウンジを購入して使うとすれば、芸能人・政治家・大企業の社長の送迎車が大半を占めているとインターネットに書いてあったが室内空間はとても広く包み込まれるようなプレミアムナッパ本革のハイバックチェアが装備されているので、ゆっくり休むこともできる。

 

車体の価格は、どれも桁がおかしいが車内の装備はフル装備になっているので1度乗ってみると高い理由が分かるかもしれない。

 




新型アルファードロイヤルラウンジのライバルは?

https://toyota.jp/alphard/

インターネットで” 新型アルファード ロイヤルラウンジ ライバル ”と検索してみると検索結果に“ヴェルファイア”が出てくる。

アルファードだけじゃなく姉妹車のヴェルファイアにも、ロイヤルラウンジの設定がある。

実際LLクラスのミニバンのライバルはどのクルマなのかを考えたら、アルファードかヴェルファイアを思いつく人は多いのではないだろうか。この2つのクルマでもアルファード派とヴェルファイア派で分かれておりヴェルファイア派であればヴェルファイアのロイヤルラウンジを選択することができる。

 

ロイヤルラウンジは、運転席と2列目の間に仕切りがあり「運転手付きのクルマと初めて写真を見た時に連想したが、個人的に意識しているクルマの名前も出てきた

 

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Mercedes-Maybach_S_500_4MATIC_(X_222)_%E2%80%93_Frontansicht,_14._September_2015,_M%C3%BCnster.jpg

マイバッハ

 

こちらのクルマは一時期話題になったのご存知ですか。ZOZOTOWNの社長が所有していたスーパーカー” バガーニゾンダ “とマイバッハとの事故が話題となっていた時がある。

相手のクルマのマイバッハは、ドイツ政府機関が定めたCR10の保護レベルになっておりマシンガンで攻撃をうけても貫通しない特殊な仕様になっておりZOZOTOWNの社長のクルマとぶつかっても無傷だったらしい。興味があればインターネットで検索すれば直ぐに出てくる。

 

マイバッハは、高級車で有名だが車体価格も2千万からスタートになっており防犯ガラスなどが使われている仕様になれば億単位のクルマだ。

新型アルファードのロイヤルラウンジのクルマの使い方が、どちらかといったらこのような感じに思ってしまったので個人的に“マイバッハ”が出てきたが今後どのような感じになっていくのか楽しみだ。

 

新型アルファードロイヤルラウンジはレンタカーがあるの?

https://toyota.jp/alphard/customize/royallounge/

新型アルファードロイヤルラウンジのレンタカーを調べた所、沖縄県と福島県にあるレンタカーが所有しているらしい。

金額も意外とリーズナブルで、クルマが開いていれば誰でも借りて乗ることができる。

ロイヤルラウンジの豪華な室内は1度は乗って味わってみたいものだが

 

運転はしたくない!何故運転しないといけないんだ!!!

 

と普通は、思ってしまうだろう。もし、興味がありレンタカーで家族旅行に使うので借りても2列目の空間は最高だけど運転席側はきっととてもつまらない。

 

https://prcm.jp

しかし、ハイヤーならあるかもしれないと思い調べてみた所こちらも残念ながらマイナーチェンジ後の新型アルファードロイヤルラウンジを取り扱いしている会社が出てこなかったが、20系前期ロイヤルラウンジなら探すことができた。

時間貸し切りができて運転手もいるハイヤーになっているのでロイヤルラウンジを存分に満喫することができるのでおススメだ。

新型アルファードロイヤルラウンジってどうなの?まとめ

新型アルファードのロイヤルラウンジの室内空間はとても豪華で、極上のリラックスシーンを実現することができる。

実際の写真は、インターネットで現行モデルと前期モデルのロイヤルラウンジの中古車が掲載されているので簡単に見ることもできる。

もっと詳しく調べてみればもしかしたら、都心部などでハイヤーとして取り扱っている会社が増えているかもしれないので調べるか問い合わせてみるかして旅行先で利用して見てはいかがだろうか。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型アルファードがほしい!

新型アルファードは、設備の充実しているところが

魅力としてよく挙げられています。

 

そんな中で、安全に関する装備である、

セーフティセンスの働きは抜群であると

オーナーたちから評価されています。

セーフティセンスの効果、そして装備される目的は、

事故発生に関するリスクを低減させることにあります。

 

追突事故、正面衝突事故、歩行者を巻き込んでの事故など、

様々なケースが想定されますが、

セーフティセンスでは様々なケースの可能性を下げることが

期待できる最新の安全装置もアルファードのお特徴です。

アルファード

私の前車は、輸入車でしたが10年落ちで、

5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、

それと比べたら感動モノに高性能なのがアルファードです。

 

新型アルファードの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に予算もあって手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




>アルファード

アルファード

CTR IMG