新型アルファードのオプションの内装やナビや寒冷地仕様とは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型アルファードには、オプションの装備が用意されているため、実際に新型アルファードを買う人からの関心が高まっています。

オプションにはどういったものが選択肢としてあるか、気になるところですね。購入の前に、オプションについて知っておきたい人も多いかと思います。

この記事では、新型アルファードに用意されるオプションについて、詳しく見ていきたいと思います。




大型ビジョンが目を惹くナビゲーションシステムって?




T-connectと呼ばれるナビゲーションシステムは、トヨタ車でも人気の装備です。

新型アルファードには、販売店オプションという形で、いくつかのタイプが用意されているようです。どんな特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

①標準よりも大型のサイズで見やすい

引用:https://toyota.jp/dop/navi/lineup/nszt-y68t/

オプション仕様のナビシステムは、通常の9.2インチよりも大きい、10.5インチのものがラインナップにあります。

とても大きなモニターで、ナビを簡単に操作できたり、見やすかったりという利点があるようです。

ナビゲーションシステムの機能自体も、スタンダードなものよりも充実しているので、多彩な情報を知ることにも役立っています。

ナビゲーションシステムのなかでも優れたものという評価も多いことから、新型アルファードのオプションでは一番のおすすめとしても挙げられています。

②地図以外の機能も充実

T-connectのナビシステムは、地図以外の機能も充実しています。

オプション仕様は特にこの傾向が強く、音楽や映像などの複数メディアに対応し、車内での楽しい時間を作ることをサポートします。

最新の機能がふんだんに入っており、地図でのガイド以外のコンテンツも、手軽に使うことができるのではないでしょうか。

他のナビシステムや、純正で新型アルファードに装備されるシステムに比べても、このような特徴はかなり強化されているので、魅力的な中身ですね。

③オプションのナビは種類も豊富

新型アルファード用のオプションのナビは、種類がいくつか用意されています。

ナビの画面のサイズによる違いが最も大きく、それに付随して機能面でも差別化が図られています。

・10インチモデル(実際には10.5インチ)

・9インチモデル

・7インチモデル

の3つが用意され、新型アルファードを購入する人が選べる仕組みです。

目玉は最上級の10インチモデルですが、9インチ、7インチのナビも機能は充実し、オプションで取り付けた人から高い評価を集めています。

新型アルファードの車内の見た目やイメージを変える役割を担うことも考えられるので、そこも踏まえながらナビシステムを選ぶと良いですね。




新型アルファードの寒いシーズンにも対応できる寒冷地仕様とは?

アルファード

寒冷地仕様という装備も、メーカーオプションで設定することが可能です。

この寒冷地仕様は、どういった特徴があるのか、詳しく見ていきたいと思います。

①暖房の効きを強化する仕組みの充実

寒冷地仕様では、低温の場所でもすぐにエンジンがかかりやすくなるように、暖房の機能が強化されています。

通常の暖房設備に加えて、即熱効果のあるフロントヒーターと呼ばれるものが取り入れられているので、寒い場所でもスムーズに暖房が効く仕組みが作られています。

このような寒冷地仕様は、北海道地区のみ通常仕様となっており、他の地域ではメーカーオプションとなっています。

暖房設備については、寒冷地向けのものはバッチリ強化されているので、冬の寒さが厳しい地域でも、新型アルファードで走行しやすくなるのではないでしょうか。

暖房設備の強化と同時に、バッテリー容量も大きくなっています。

やはり、暖房を動かす場合はバッテリーの利用量は自然と多くなりがちであることから、こういった差別化も寒冷地仕様では実現されています。

色々な面で、寒冷地仕様は暖房の設備の充実をアシストできていると言えそうですね。

②ワイパーの凍結を防ぐ仕組みも特徴的

新型アルファードの寒冷地仕様は、ワイパーにも特徴があるようです。

それは、寒い時期に凍結しにくくなるように、仕組みがアレンジされていることです。

ワイパーの内部に熱線が配され、凍結を起こさない状態を作ることに直接役立っています。

メーカーオプションならではの装備であり、雪が積もった状況、凍結した状況でも、ワイパーの動作を損ねないことが期待できるかもしれませんね。

ワイパーの停止位置を切り替えることのできる仕組みも、寒冷地仕様のワイパーの特徴のひとつです。

雪が多く積もった時に、ワイパーが正常な位置に戻ってこなくなることも考えられますが、そのような可能性がある場合に、自動で適切な位置でワイパーが制止するものです。

ワイパーに関しては、新型アルファードであるかに関わらず、冬にトラブルの発生する可能性はゼロではないとされています。

そういったリスクを考慮して、ワイパーにも寒冷地向けの仕組みを取り入れることが実現され、評価されるオプションの中身のひとつとして挙げられています。




新型アルファードの内装を華やかにするイルミネーションセット

引用https://toyota.jp/alphard/accessories/interior/?padid=ag341_from_alphard_accessories_accessories_interior

インテリアに関わる部分では、イルミネーションセットが代表的な新型アルファードのオプションとして挙げられそうです。

室内を明るく照らし、上質なイメージを更に高めてくれるメリットが期待できそうですね。

では、イルミネーションセットはどういう特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

①全体的に青く照らすイルミネーションが魅力的

新型アルファードにつくオプションでは、イルミネーションが青色に光ります。

印象としては、落ち着いた青色であるため、新型アルファードのイメージにもピッタリで上質な雰囲気を更に強くしてくれるのではないでしょうか。

イルミネーションセットを実際にオプションで選んだオーナーからも、新型アルファードの良さがぐっと引き出されたと実感する意見が多く、評判も上々のようですね。

目に対して光の刺激が強くなく、柔らかく車内を照らしてくれるのも嬉しいので、イルミネーションセットをオプションで取り付けるのはひとつの選択肢としてありそうであるように感じます。

②状況に応じてライトの点灯パターンも変化

このイルミネーションセットは、状況に応じて光り方にも違いが出てきます。

ドアを開けた時には全体的に青く照らされ、優しい光の雰囲気で乗る人を迎え入れます。

イルミネーションが無い場合に比べても奮起が全然違うと感じる人も多く、新型アルファードのオプションで人気を集める要因ともなっています。

また、ライトが点灯すると、車内をほのかに照らしてくれ、全体的な明るさとはまた違った雰囲気を作ることができます。

特に暗い夜道や、街灯のないところでは、こういったライトの点灯で丁度良い明るさを確保することができるかと思います。

後部座席に座る人には、嬉しいライトの使い方になるのではないでしょうか。

車内だけではなく、ドア付近も開閉時に光り出す仕組みが取り入れられています。

明るさを確保することが可能なので、安心して新型アルファードの乗り降りをすることにも繋がりそうです。

色々なメリットを持った点灯方式の充実は、オプションであるイルミネーションセットの大きなポイントとして挙げられそうですね。




新型アルファードのオプション まとめ

新型アルファードに設定されるオプションは、色々な種類があるようです。

運転中に大事となるナビゲーションシステムは、最新鋭のものが導入され、なおかつ画面も大きなものを選べるところが大きな売りとなっていました。

ナビ本来の機能以外にも、音楽や動画などを楽しめることも、新型アルファードの良さを高めることに直結すると思います。

寒冷地仕様は北海道など寒い地域では、当たり前のものとして知られています。

しかし、新型アルファードにはオプションとして取り入れられており、寒いエリアで過ごす機会のある人にはマストオプションとしてオススメです。

冬場の車で発生しそうなトラブルを起こさないようにする仕掛けがいくつも設けられているため、寒い時期も安心して新型アルファードを運転できますね。

インテリア部分でも、イルミネーションの仕組みをオプションでつけることができます。

新型アルファードの内装をより華やかにしたいと考える人は、是非このオプションも検討してみると良いかもしれませんね。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型アルファードがほしい!

新型アルファードは、設備の充実しているところが

魅力としてよく挙げられています。

 

そんな中で、安全に関する装備である、

セーフティセンスの働きは抜群であると

オーナーたちから評価されています。

セーフティセンスの効果、そして装備される目的は、

事故発生に関するリスクを低減させることにあります。

 

追突事故、正面衝突事故、歩行者を巻き込んでの事故など、

様々なケースが想定されますが、

セーフティセンスでは様々なケースの可能性を下げることが

期待できる最新の安全装置もアルファードのお特徴です。

アルファード

私の前車は、輸入車でしたが10年落ちで、

5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、

それと比べたら感動モノに高性能なのがアルファードです。

 

新型アルファードの情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に予算もあって手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。




>アルファード

アルファード

CTR IMG